【TOP固定】自分でつくるレストラン*ブォナ・フォルケッタのご案内

※この記事は常にTOPに固定されています。
最新記事は下へスクロールしてごらんください※


ブォナ・フォルケッタは

郡山でのべ1万人以上が通う

「じぶんで作るレストラン」がコンセプトの
・近くのスーパーで買える食材を使って
・お家でカンタンに再現出来る
・コース料理形式で食事を楽しむ


イタリア料理教室です。




018.gif企業向けイベント、各種市民講座も承っております。ご相談はこちらまで。

「自分でつくるレストラン」の特徴
...........................................................................
「自分で作るレストラン」がコンセプトの
・近くのスーパーで買える食材を使って
・お家でカンタンに再現出来る
・コース料理形式で食事を楽しむ

イタリア料理教室です。


詳しく見る>

講師プロフィール
...........................................................................

詳しく見る>

レッスン詳細
...........................................................................
【郡山】月替わりメニューのご案内
http://forchetta2.exblog.jp/i27/

【郡山】子連れママのための料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i32/

【大阪】 大阪のイタリア料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i21/



生徒様の声・実績
..........................................................................
詳しく見る

Q &A
..........................................................................

よくあるご質問。
詳しく見る>



●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳
 ╋╋╋      お申し込み・お問い合わせはこちらから。
 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
レッスンのお申し込み、出張教室などのお問い合わせ、レシピ執筆・取材依頼などはこちらのフォームよりご連絡ください。追ってご連絡差し上げます。


お急ぎの方は電話:090-2952-1539まで。

深夜・早朝、レッスン中は電話に出られません。
折り返しご連絡差し上げますので、ご用件を留守番電話にお話しください。


ラインの友達追加していただきますと、毎月のご案内をお送りいたします。

友だち追加


「自分で作るイタリアンレストラン」
ブォナ・フォルケッタの基本情報
..........................................................................


◾︎所在地
福島県郡山市八山田
*詳しい住所はお申し込み後にご案内いたします。

◾︎アクセス

・JR郡山駅より車で10分
・福島交通バス
「大林」下車 5分
もしくは「八山田」下車8分。




[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-12-24 06:12 | 料理教室基本情報 | Comments(0)

郡山 12月料理教室のご案内

空き状況更新しました。残りわずか!
12月、郡山レッスンのご案内です。





日程
12月7日(木)11:00-14:00 あと1席
12月9日(土)11:00-14:00 満員御礼
12月11日(月)11:00-14:00 満員御礼
12月12日(火)11:00-14:00 超!満員御礼
12月13日(水)11:00-14:00 あと1席
12月14日(木)11:00-14:00 超!満員御礼
12月15日(金)11:00-14:00 超!満員御礼
12月17日(日)11:00-14:00超!満員御礼
                   16:00-19:00満員御礼
★12月25日(月)11:00-13:00 あと3席

★は「ちょっとだけ作るコース」のデモンストレーション中心の2時間コースです。

「ちょっとだけ作るコース」はデモンストレーションが中心の料理教室です。あらかじめ簡単な下ごしらえは済ませておき、なるべく調理時間を短縮したコースです。

調理時間は30分から1時間弱、試食が1時間程度。合計2時間で終了するコースとなっております。午前クラスですと終了が1時となっております。

お時間がない方や、あまり実技ををしたくない方、お食事をメインで楽しみたい方向けの料理教室となっております。



メニュー
◆魚介のサラダ、アボカドとフロマージュブランの2色のソース
クリスマスらしく!いつもよりおしゃれ度の高い前菜で気分をアップさせます。

◆ジャガイモのトルテッリ ネギとチーズのソース
滑らかなジャガイモのピューレを閉じ込めたラヴィオリと旬の柔らかいネギを合わせます。


◆ ペポーゾ
粒コショウやハーブをたっぷり加えて煮るトスカーナの伝統料理のビーフシチュー。
◆りんごのケーキ ザバイオーネソース
ザバイオーネは温かい卵とリキュールを用いたケーキ用のソースです。これ一つで普段のケーキもおもてなしに早変わりします。
(車の方、アルコールが苦手な方はノンアルレシピでご提供します。当日お申し出ください)



※LINEで初めてお申し込みの際は、フルネームをそえてお申し込みくださいませ。

料金: 4000円
当日現金でお支払いください

会場:郡山市八山田 講師宅
*詳しい住所はお申し込み後にご案内差し上げます。
*駐車場あります
*レッスン前後にちょうどよいバスの運行あります。(郡山駅前〜八山田もしくは大林下車)
バスご希望の方にはお申し込み後、ご案内いたします。



持ち物:エプロン、タオル、筆記用具

お申し込み方法

下記、問い合わせフォーム、LINEもしくはお電話でお申し込みください。

●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳
 ╋╋╋            お申し込みはこちらから。


┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

LINEからもご予約いただけます。
友達追加後、メッセージにてフルネーム、ご希望日をそえてお申し込みください。
LINEメッセージは1:1のやりとりなので、他の方にメッセージ内容が見られることはありません。

友だち追加
 
お急ぎの方、メールが苦手な方はお電話予約も承っております。

電話番号  090-2952-1539





[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-16 17:09 | 料理教室日程 | Comments(0)

イタリア滞在記2017(14) フィレンツェのウチダユウヤとローザマリナ

カラブリアで有名なのがシラスのトウガラシ漬け、ローザマリナ

アニータさんのご親戚が工房をされてるので見学させてもらいました。


c0222833_15114911.jpg

漬物石の下には

c0222833_15115141.jpg

トウガラシまみれの大きいイワシ。

c0222833_15115308.jpg

こちらがシラスの方。
昔、カラブリアの山間の地区で食べた事があったけど、コレ、別物。

まえ食べたのは、イワシが溶けてグズグズだったんだけど、これは、シラステクスチャーバッチリ残っていました。

ローザマリナに関する昔話をここで一つ。

c0222833_18081311.jpg

真夏、23歳。
あ、上の写真は37歳です。スミマセン

イタリアにはじめて一人で料理の勉強をしに行った時の事。
フィレンツェのバス乗り場で時刻の確認をしていると、一人のおじーちゃんが大声で慌てて話しかけてくる。
何事だろうと耳を傾けると、アレヨアレヨと言う間に、バス停隣のバールでに連れていかれ、おじいーちゃんとカフェを飲むことになってしまった。


向かい合って座り、まじまじそそのおじいーちゃん見つめると内田裕也の風貌。

ウチダユウヤ曰く、彼はとりあえずすごいお金持ちで、秘書を探しているらしい。
キミ、僕の秘書にならないか?

と言う、ただのナンパだった。

真夏23歳。
イタリア人はジイさんになってもナンパすると学習したのだった。

ウチダユウヤの話は続く。

仕事は楽で、給料もかなりいいお値段。
いい話だろう??


実に怪しいウチダユウヤに、
「私は料理の勉強にイタリアに来ているので、秘書はできません」
と丁重に御断り。

しかし、ウチダユウヤは食い下がる。
「料理が好きなら、バカンスは僕の実家のカラブリアに連れて行ってあげるよ。
ローザマリナって知ってるだろう?」

「え?ローザマリナ???
ロズマリーノ(ローズマリー)なら知ってます。」

するとウチダユウヤ、激昂。

「料理やってるくせに、ローザマリナも知らんのか!話にならーん!」

と言いすてるとそのままフィレンツェの雑踏へ消えて行った。
残されて私は、ポカンとしながらもとりあえずノートに「ローザマリナ??」とメモを取り、冷めたカプチーノをすすったのだった。

変なジイさんに振り回された30分ほどの出来事だった。

という15年ほど前の、ローザマリナの思い出(笑)





c0222833_15115436.jpg

アニータさん宅では彼女の自家製のをオリーブオイルでのばして、ブルスケッタにしていただきました。

ちなみに奥に写っているブレザオラとイチジクのシロップ煮も絶品でした。
また食べたい!

c0222833_15115640.jpg

ローザマリナのパスタも教わりました。

c0222833_15121907.jpg
カラブリアもこのパスタでラスト。
アニータさんにはいっぱい美味しいの、ご馳走になりました。
c0222833_15234625.jpg

カラブリア、バイバイ!
ナポリに向かいます。


[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-14 15:03 | 2017年イタリア滞在記 | Comments(0)

イタリア滞在記2017(13) ハレの肉料理


アニータさんのお家に泊まりつつ、カラブリアとバジリカータ州の境目あたりのサンドメニコ村という海を遠くに見渡す村へお料理を教わりにいきました。



カラブリアに来て初の肉塊!


息子のテンションが上がりっぱなしで、料理が出来あがる前から鍋の前を離れません。

ここのシニョーラにお願いして、ひと足先にお肉を食べさせてもらいました。

よかったね、久しぶりの肉(笑)

今回教わった豚肉をトマトソースで煮るというとてもシンプルなソースはその昔この地域のハレの食事
年数回あるかないかの、結婚式などでしかお目にかかれない料理だったそうです。

同じ南のナポリではこの手の料理は、毎週日曜日のお昼ゴハンっていうのに比べると、カラブリアの農村部の貧しさがいかほどだったか偲ばれます。

割愛しますが、この旅でカラブリアの貧しさ(の名残)を折に触れて感じて来ました。

その貧しさは戦後のおじいさんの代の話じゃなくて、ほんとついこの間まで、そこにあった貧しさなのです。
四半世紀ほど前、私が小学校か中学生の時にイタリアの南北経済格差っていうのを教わりました。
その「南」の正体はカラブリアだったのだと、
今、現地で知ることになりました。

今回の豚ちゃんも、こちらのお家で飼育して、冬に解体したものを冷凍保存しておいたのを出してもらいました。

そんな貴重なお肉、、、、と知ると、
「お代わり〜〜!」とまだ他の料理が出来上がる前に肉だけがっつく息子に母、焦り。

ここのお家、人に貸してるくらいとーっても大きくて素敵なお宅だったので、一見「貧しさ」とは無縁に思えるのですが、昔の名残かやっぱり質素倹約な精神が根付いているようでした。


ここでも鉄の棒でねじるフシッリを教わりました。
3回目。


でも、こんな珍しいパスタも教えてもらいましたよ。
初めて見ました。
どんなソースに合わせるのか聞くと

「トマトソース」って。

やっぱり、そうか(笑)

カラブリアでは黙っていると大体トマトソース(しかも具なし)出てくる確率高いものね。

カラブリアでトウガラシが食卓に欠かせない調理のアクセントになっていった理由を、連日トマトソースを食べ続けているうちに実感して来ました。



自家製ジャムを使ったお菓子も教わりました。

酪農の発展しなかったカラブリア山間部ではバターの代わりにラードでお菓子をこねます。


少しそっけない生地をジャムがカバーしてます。サクサク感はいい感じ。


さあ、ご馳走が並びます。


興味深いのはこちら。
辛くないトウガラシをオイルで素揚げにしたフリット。
パリパリ音がたつ、香ばしい料理。
カラブリアでしか食べられない珍しい料理でした。

なにかとカラブリアの食文化の本質に迫ったような料理レッスンの日でした。

[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-12 08:49 | 2017年イタリア滞在記 | Comments(0)

イタリア滞在記2017(12) アニータさんのおもてなし

c0222833_11060333.jpg


カラブリアの滞在も残すところ2泊。



c0222833_11111341.jpg

この2泊は海沿いのチェトラーロという村に住む、アニータさんのお宅でお世話になりました。

私の前に行った人お話を聞くと、

次から次に食べ物が出てくるよ
一晩で2キロは太るよ

と、聞かされてました。

楽しみすぎるでしょ、それ(笑)


c0222833_11062800.jpg

着くなり、ウェルカムドルチェ登場〜〜

c0222833_11042307.jpg
夕日が沈む頃


c0222833_11064630.jpg

そこから、アペリティーボが始まり
(見渡す限り全て自家製食材)
c0222833_11021710.jpg

からの、夕食へ一気に流れこんでいきました。
(見渡す限り全て自家製食材)

ノンストップ、アニータ(笑)

c0222833_11074752.jpg

アニータさんは年中、せっせと保存食を作るのにも勤しんでいるそう。
この季節はオリーブの塩漬けや、フェンネルの種取りに精を出していました。

c0222833_11025779.jpg

手作りの保存食作りは、趣味ではなくて生きるため。
大量の食材の保存には、気が遠くなるような作業を経なければなりません。
ふと作業の手を止めてため息をつくアニータさんから、カラブリアの人たちが時たま見せる辛抱強さのようなものを感じました。
c0222833_11030878.jpg

2泊目のお夕食もすごかった。
これ、めちゃうま。
c0222833_11080852.jpg

自家製のツナ、自家製のオリーブの塩漬けを自家製トマトソースで煮込んだパスタ。

絶品。

c0222833_11101262.jpg

ナスのパルミジャーナも美味しかった。



c0222833_11090082.jpg
最後のドルチェもスゴイ!



今日も言うまでもなく、全て自家製食材のオンパレード。

食い倒れたー!



c0222833_11033212.jpg

アニータさんには、息子と同い年のお孫さんがいるのですが、近頃、一緒に暮らしていたお孫さんがパパのお仕事の関係で外国に引っ越してしまったそう。

息子を見て、ウルウルするアニータさん。
孫がわりに相当可愛がってもらいました。
孫のクリクリ君のおもちゃを使い放題だったので息子もアニータさんのお家はすごく楽しかったみたい。

ごはんも美味しいし太ってもいいから、2泊じゃなくてもっと滞在したいアニータさんのお家でした。
来年また行こ!


[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-10 08:38 | 2017年イタリア滞在記 | Comments(0)

イタリア滞在記2017(11) 念願のピッタンピリァータ


チヴィタの山を降り、カラブリア州コゼンツァ県の県庁所在地、コゼンツァ市へ。

久しぶりに街(笑)
c0222833_10221910.jpg

公園でお散歩後、今日の先生のもとへ。
c0222833_10222079.jpg
今日は男性の先生、エミディオさん。

c0222833_10222222.jpg

今回のカラブリアに来た1番の目的は、
ピッタンピリァータというお菓子を教わるため。

私の7年越しの夢だったのです。
その昔、カラブリアにコレ習いに来たんだけど、同じカラブリアでもそこは作らない地域だったらしく、地元の人も名前すら知らないっていう、まあ、イタリアではよくある話です。

c0222833_10222396.jpg
とても繊細なエミ先生のご指導のもと、ナッツやドライフルーツがふんだんに入った大輪のバラが出来上がりました。
オーブンへ行ってらっしゃい!

c0222833_10222542.jpg

わー。
なんか出て来た〜〜♪
嬉しい!

c0222833_10233608.jpg

パスタはパプリカパウダーが入ったひよこ豆のスープ。

c0222833_10233787.jpg

ほんのちょっとピリ辛なのですが、息子がコレ気に入っておかわり連発。
一口食べるたびに「これ、おいちーの!」と言うわけだから、作った人は嬉しいよね。

エミ先生、息子の食いっぷりにお口あんぐり(笑)

c0222833_10233976.jpg

やだー♪
ロゼも出て来た。

カラブリアではなぜかロゼがいっぱい出て来ました。
どれも美味しかったですよ。

エミ先生のお家、ワイン天国です。
c0222833_10234044.jpg

ナスの詰め物がメイン。
野菜とはいえあなどれない重量感です。


c0222833_10234253.jpg
さっきのピッタンピリァータは、こんがり焼けて一層美しい姿に。

寒い冬に頬張りたい滋養溢れるお菓子でした。

ご馳走様でした。

[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-09 18:15 | 2017年イタリア滞在記 | Comments(0)

東京 出張レッスンレポ


勝沼の帰り、3連休の最終日に府中で料理教室にお招きいただきました

20名様越えの大入参加、ありがとうございました。

c0222833_10093754.jpg

今回は、キタッラを持参。
みんな楽しそうに麺を切っていました。
c0222833_10093982.jpg
もちもちの太麺!
c0222833_10094032.jpg
きのことサルシッチャのトマトソースによく絡みました。
お肉は、きのこのスカロッピーネ

きのこづくしでした。

c0222833_10094121.jpg

ドルチェはリンゴのタルト。


府中の教室も足掛け7年
ずーっとご参加くださってるみなさん、ありがとうございます。

また来年うかがいま〜す!

[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-09 10:08 | 出張料理教室 | Comments(0)

イタリア滞在記2017⑩ 古代アルバニアのお祓いパスタ


海沿いの温暖なトロペア地域を離れて北に向かって3時間。


カラブリアに30箇所ほど存在するというアルバニア人の集落の一つ、チヴィタへ。

c0222833_18304630.jpg

ここ、道路標識などイタリア語と古代アルバニア語の2カ国表記です。

c0222833_18374497.jpg

500年ほど前に、本国アルバニアからオスマン帝国の脅威から、イタリアへと逃れてきたのがルーツだそうです。
逃れてから、本国との交流は一切なく、言葉も500年ほど前のものが今でも話されているそうです。

村人に話しかけたら、だいたいイタリア語が通じましたが、おばあちゃんなどは何言ってるのかチンプンカンプンな場面も。
c0222833_18374688.jpg

チヴィタの英雄。

私はトルコ料理も研究しております。
オスマン帝国時代の宮廷料理に触れることもあり、今までの東欧あたりの歴史の見方はついトルコ共和国〜オスマン帝国に立ちがちでした。

が、こうやって反対サイドの歴史の結末を見れたのは視野が広がる事でした。

c0222833_18304893.jpg

荒涼とした岩山の上にある村です。
どんな思いで祖国を追われてきたのでしょうか。

c0222833_18305053.jpg
寒くて、息子もマントぐるぐる

c0222833_18315388.jpg

イタリアはカトリックの国ですが、チヴィタはギリシャ正教会。
c0222833_18315456.jpg

オリエンタルな聖母子像。

c0222833_18334394.jpg

さて、そんなチヴィタでは古代アルバニア人の血を引くこちらのマンマに、古代アルバニアから伝わるパスタを教わりました。


c0222833_18553911.jpg


オレガノを乾燥させた枝に水をつけ、粉の山に振りかけます。
神主お祓いの様な仕草なのですが、やはりお清めの意味合いもあるそうです。
古代の儀式っぽくて雰囲気出ます。
c0222833_18554006.jpg

水滴と粉がダマになったところをふるいにかけます。

c0222833_18554181.jpg

ちょっとダマが大きくなったけど、これが古代アルバニアのパスタ、ドロムサ
c0222833_18334691.jpg

薄めたトマトソースに生のままパスタを投入。
ドロンととろみが出るまで煮ます。

お粥の様な、もっちりした食感が病みつきになるパスタです。

山の上は寒く、夜の薄明かりで食べるお祓いパスタは少し古代アルバニア人になった様な錯覚を覚えました。

[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-07 18:26 | 2017年イタリア滞在記 | Comments(0)

益子からのお客様

今日は11月レッスンの初日。
9名さまのグループレッスンでした。

最初は2〜3名様から、ご紹介のご紹介で気付けば大所帯に。


昨日は、なんと栃木県の益子から日帰りで参加してくださったかたも。


c0222833_10291787.jpg

しかも、郡山に来る前に日光で美味しいおまんじゅう、朝早くに買って来ていただきました。

益子と日光って結構離れてますよね。
すごい、パワフルだわ。

出来立て、ふわふわで美味しかったです。
ありがとうございました。



「自分で作る」レストラン *ブォナ・フォルケッタ
住所 :福島県郡山市八山田
(詳しい住所はレッスンお申し込み後にご連絡いたします)

電話番号 090-2952-1539





【郡山】月替りメニュー・レッスンのご案内
http://forchetta2.exblog.jp/i27/
【郡山】子連れママのための料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i32/
【大阪】 大阪市塚本のイタリア料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i21/


お客様の声・実績



お問合せ




当教室は

県内は
郡山、福島、いわき、会津若松、猪苗代、須賀川、鏡石、二本松、伊達、白河、西郷村、鮫川村、矢吹、各地から

仙台、栃木県(那須、宇都宮、益子)、岩手県(盛岡)、山形、秋田県、茨城県、埼玉県(大宮、草加、浦和)、東京、千葉県、神奈川県、大阪府、札幌市、など

全国各地よりお越しいただいております。




[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-06 16:23 | 郡山の料理教室 | Comments(0)

【郡山ママ】子どもが大変な時期だからこそひきこもらないで!


こんにちは。
福島県郡山市と大阪のイタリア料理教室🇮🇹ブォナ・フォルケッタ、講師の柴田真夏です

c0222833_17572196.jpg


子連れママのための料理教室にて

「子どものイヤイヤ酷くてご迷惑おかけすると思いますが、参加出来ますか?」


って、お問い合わせをいただきました。


もちろん、いいですよ。
っていうか、そのための教室です。


2歳児のイヤイヤ、外出先やられたらたまらないですよね。
周りに迷惑かけるかも、嫌な顔されるかも、、、、と思うと外出したくなくなる気持ち、よくわかります。

そんな時期だからこそ、みんな子連れで気兼ねなく過ごせる「子連れママのための料理教室」に参加してほしいって思います。

参加してるのは、そんな悩みのあるママばかりです。

イヤイヤ期が終わった3歳〜4歳の子を見ると、いつかこうなる日が来るって希望が持てます

0-1歳の小さい子を見ると、こんな時期があったなぁ、とほっこり、あなたのお子さんの小さかった頃を思い出して少しほっこり出来ます。

他のママに迷惑かけるんじゃ無いかという心配もしないでくださいね。

イヤイヤ期が終わった子のママは「大変だよね、ウンウン」って分かってくれます。
イヤイヤ期のうまい乗り切り方のエピソード聞けるかもしれません。

赤ちゃん連れのママ達には、いつか必ず来る我が子のイヤイヤ期の心構えが出来るのです。

0-4歳と幅広い年代の親子が参加するから得られる情報や、交流があります。


大変なときこそ、思い切って参加してみてくださいね。
料理教室だけど、エプロンいりませんから。



子連れママのための料理教室9月
http://forchetta2.exblog.jp/26875353/



福島県郡山市八山田のイタリア料理教室
ブォナ・フォルケッタ


住所 :福島県郡山市八山田
(詳しい住所はレッスンお申し込み後にご連絡いたします)

電話番号 090-2952-1539


身近な食材がシンプルレシピでおもてなしのイタリアンに。
ブォナ・フォルケッタのヒミツ


【郡山】レギュラーレッスン日程・メニューのご案内
http://forchetta2.exblog.jp/i27/
【郡山】子連れママのための料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i32/
【大阪】 大阪・心斎橋のイタリア料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i21/


お客様の声
お問合せ




当教室は

県内は
郡山、福島、いわき、会津若松、猪苗代、須賀川、鏡石、二本松、伊達、白河、西郷村、鮫川村、矢吹、各地から

仙台、那須、宇都宮、盛岡、山形、秋田、茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川、札幌、など
全国各地よりお越しいただいております


[PR]
# by buonaforchetta2 | 2017-11-05 22:36 | 子連れママのための料理教室 | Comments(0)