子連れイタリア旅のしおり2 2歳児長距離フライトレポ



子連れで長距離フライトってどうなの?という質問が多いのでレポってみます。

今回のフライトは二人っきりです。

**********


風邪の治りが悪かった息子のためにフライト当日はホテルでゆっくりできるよう、成田に泊まりました。

今だから言えるけど、出発6日まえに咳がひどく病院で受診したら「肺炎かも」という診断。
肺炎疑いがなかなか消えず、2日置きに病院に通って、3回目の通院、出発2日前にやっと「肺炎は大丈夫そうだね。咳もあとちょっとで治るね!」とお医者さんに言ってもらうまで生きた心地がしませんでした。
病気の心配と旅行中止かものストレスで6日でまた更に1キロ痩せる私(笑)
イタリアでどうせ食べるからまあいいか。


おかげさまで元気回復の息子。

c0222833_14334197.jpg



出発当日は朝6時前に起きて、
館内徘徊wというか疾走。

c0222833_14334212.jpg


田舎者なので自動ドアが楽しいらしいw

フライトは13:15なのに、もうホテル嫌〜という息子に急かされて8:30にホテルチェックアウト。

おい。
早すぎ!!


空港では飛行機見てはしゃいで、
c0222833_14334208.jpg


ショボいキッズコーナーで遊び。
成田空港のキッズコーナーしょぼすぎます!
これなら福島空港のキッズコーナーの方が数倍立派。
日本の玄関なんだから、もっと充実させて欲しいものです。

と、ひとりごちながら息子の遊びに付き合います。
田舎者な息子、エスカレーターが珍しいので、ひたすら乗降を繰り返すこと30分。
ゼイゼイ。・゜・(ノД`)・゜・。
やっと10:30。チェックイン開始のお時間です。
ちょうど小腹の減ったころに、ローソンのからあげクンを持たせて大人しくさせて、飛行機チェックイン。
行列にじっと並ぶのが無理なので、こーゆー時は満を持して食べ物で釣ります!
15分ほど並んでチェックインしたけど、からあげクンのおかげで無事クリア。
c0222833_14334247.jpg


荷物預けて、すっきりしてから、おかーさんはカードラウンジでビールを一杯。

c0222833_14334322.jpg


その後、出国審査を終えたら、これまた息子の好きな動く歩道をエンドレスで歩く。
田舎者なので動く歩道が珍しいみたい。

ゼイゼイ。・゜・(ノД`)・゜・。
搭乗直前に、病院で処方されていた咳止めを飲ませます。
なんと、嬉しい眠くなる成分配合🎶

で、やっと搭乗。
今回のアリタリアだだ混みです。。。。
珍しく、本気の満席で。
しかも、男女のイタリアのバレーボール選手団が乗り込んでいるので、背の高い人が多すぎて、圧迫感半端ない。
c0222833_14334316.jpg



ふふふ。
搭乗10分後。
寝たよ、寝たよ。寝ましたよ。
朝6時から頑張った甲斐があった。

席について、からあげ食べたら、寝る合図をくれて、膝枕でスコーンと、落ちました。
ちなみにからあげクンはとうの昔に食い尽くしたので、搭乗ゲート前のフードコートで別のからあげを追加購入。

そういや、妊娠中、性別が男のと判明した時最初に思った事は「からあげいっぱい作ってあげよう。」だったな。
そんなこと思い出しながら、機内サービスのワインをゆっくりいただきます。


搭乗から2時間30分でミールサービス開始するまで爆睡。


ゴハン食べたら、お席にじっとしてるのヤダー、あっち行くーと騒ぎ出しご機嫌ナナメ。
シールもすぐ飽きるし。。。
怪しい雲行き。
まだフライト、10時間はあるよorz

c0222833_14334436.jpg



そんな時にアリタリアのCAさん。
「つまらない物ですが」と、キッズサービスのオモチャを持ってきてくれる。

ぱっと見、ホントにつまらなそうな物だと思ったのですが(超失礼)、まさかのどっぱまりw

色鉛筆を箱に出し入れする地味ーーーーな遊びで小一時間。
アリタリア、ブラーボ!!

そこからご機嫌を持ち直し、通路をウロウロしながら愛想を振りまいて体力発散。

仕上げに虎の子のiPadで電車映像を見せまくり、オネムモードに。
日本時間で20時。いつも寝る時間よ。

本人も寝る気満々だったのですが、いかんせん機内が明るい。
夜は真っ暗じゃないと眠れない息子は違和感を感じ、眠れないじれったい時間が続きます。
小一時間格闘するも、諦めて、おんぶ。

やっとこ眠りに落ちて、フライト残り5時間強。着陸間際まで爆睡してくれました。

息子が起きてたの、結局5時間くらい。
12時間のうち7時間寝てくれたら上出来上出来。

c0222833_14334421.jpg



上々の滑り出しです。
ローマ→カターニアの乗り換えも眠いながら頑張りました!







[PR]
by buonaforchetta2 | 2016-06-15 13:55 | イタリア滞在記2016 | Comments(0)
<< イタリア滞在記1 カターニアオ... 子連れイタリア旅のしおり1 荷造り編 >>