子連れイタリア 食べ物編

c0222833_21081522.jpg


パンネタで思い出したけど、シチリア・ラグーサで息子が気に入ったパン。

泊まっていたアパート近くのパン屋さんで売っているチョコチップ入り牛乳パン。

えー、イタリアにこんなふわふわパンあるのー??というくらいリッチなふわふわパンに息子はすっかりトリコに。
それまでオニギリーと騒いでいたのですが、このパンに出会ってからぴたっとオニギリの話が出なくなりました。

美味しかったので夕方また買いにいくと売り切れ。
悲しそうな息子の顔が今も忘れられません。


まだしゃべれなかった息子は、しまじろうのDVDで見た「パン屋さんの歌」の振り付けを急に踊り出し、毎日「パン屋さんに行きたい」を猛アピール。

一緒にDVD見てた時は、一度だってパンパンパパパンの踊りしなかったのに。

踊れるんかい(笑)

そんなわけでラグーサにいる間は毎日このパンを買いに。

店の人もすぐに覚えてくれて「これだろう??」という前に袋詰めしてくれました。


c0222833_21081647.jpg


それからトスカーナに移ってからが大変。
トスカーナは料理教室がしょっぱい分、塩なしのパンが主流なので、パンだけ食べると美味しくないの。
息子の主食がなくて、町のパン屋をあちこち歩き回り、ようやく息子の食べられる、

ブリオッシュに再会。(写真はシチリアでのもの)

このブリオッシュもシチリアでお気に入りだったパンです。
トスカーナにこんなパン、ふつうに売っている訳ではなくて、ジェラート屋さんに置いてあるのをパンだけ買わせてもらってました。

c0222833_21081977.jpg


そこから、息子、ヌテッラと出会う!!
ヌテッラを塗れば、パーネ・トスカーノだろうがなんだろうがペロリと平らげるのでブリオッシュを買いに行かなくて済むようになりました。

ありがとう、ヌテッラ。

c0222833_21082138.jpg


それにトスカーナでは毎日手打ちパスタ三昧だったので、美味しいタリアテッレにご満悦。郷に入りては、で、なんとかなるもんだ。

と思ったのですが。


c0222833_21082220.jpg


イタリア最後はフィレンツェにステイ。

あと数日で帰るし、もう里ごころついてもいいかという事で、中華をテイクアウト。

中華のお店に貼られたギョーザやチャーハンの写真を見て大興奮の息子。

いやね、がっついてました。
醤油に飢えていたんだね、この子。

という訳で、翌日も同じ店で中華テイクアウト。
(大人はここでゴハン。)


c0222833_21083527.jpg


ローマの空港でも、パサパサの白米をフライト直前まで一人で頬張っていました。

やっぱり日本人DNA濃いね。


つぎにイタリア行く時はとりあえず、ヌテッラ作戦かな??

[PR]
by buonaforchetta2 | 2016-09-28 20:17 | イタリア滞在記2016 | Comments(0)
<< 運動会!! もうすぐ来るよー >>