伝説の料理教室 外伝 後編

レッスン当日。


ルーチョは、自分の子どもとお姉さんの子どもの世話係をする事に。


当初の予定ではレッスンのデザートは本来レシピ配布と試食のみ。
レシピ見ると15分程度で出来る内容だったので急きょ、レッスン冒頭でやってもらう事に。

c0222833_00204760.jpg


が、これが間違い。
ドルチェ作るのにゆうに1時間弱。
アンナ、、、、ゆーっくり丁寧に作るタイプだったみたい( ̄∀ ̄)
これはわたしが悪かった。

続いて、お肉料理。

「この玉ねぎ何??」

って、アンナにもらったレシピを元に材料準備したのに、玉ねぎは使わないらしい。

「このレシピどこの?」
って、アンナが送ってきたやつ〜!
わたしが聞きたいわ。。。。


結果、レシピに書いてあるのとは全く別の料理が出来上がりました(笑)

みなさん、これがイタリアよ

続いて前菜の実演。

ラグーサのカチョカヴァロチーズを使うよ〜と現地から仕入れて来たチーズを削るアンナ。
珍しい食材に会場が湧くものの、水を差す質問

「私がラグーサでみたカチョカヴァロと、そのチーズは違うようなのですが、正式なチーズはどちらですか?」


ルーチョの知り合い経由で申し込みされたグループの代表さん。
神戸でセレブ〜な料理教室をやっているとかで、イタリア語堪能、現地情報も詳しいらしい。
アンナは「これが私の知るラグーサの伝統的なチーズよ」というんだけど、セレブは「私が見たものと違う」の一点張りで一歩も引かない。

この押し問答が5分近く続き、アンナも私も他の人たちも、もうどーでもいいじゃんって空気が漂ってました。

しまいに私の通訳が正確じゃないとか言い出して、勝手にイタリア語で質問始めるし(汗)
知識ひけらかしたいだけにしか感じませんでした。

まあ、その後でアンナがシチリアのことわざ的な事を話したのですが、私はさっぱりわからなかったので
「イタリア語、堪能な〇〇さん。今の代わりに訳していただけますか?」ってふってやりました。
答えられなくてしどろもどろしてしてました。
進行乱されたから私の小さい仕返しです。

やっとパスタソース作りにたどり着いた時には、すでに14:00。1時間押してる(汗)
マキでやって欲しいところはあったのだけど、急かすとパニックになるからね、イタリア人。
もうそっと見守るしかないのです(笑)

パスタソースは、材料ミキサーするだけだからラク!
なはずだったんだけど

c0222833_00211265.jpg


ここへママと3時間以上離れて寂しくなっていた、アンナの1歳の娘登場。

アンナ、抱っこするよね。
アモーレ、会いたかったよー

そして、彼女はもう終了モード(汗)
仕事より、家族が大事

みなさん、これがイタリア人よ


c0222833_00214812.jpg

そこから、私がぜーんぶ料理の説明して仕切ってレッスン回しました
そして、その方が一気にレッスン回るっていうね。


大阪の生徒さんもアンナの終了モードに気づいて、いっぱい手伝ってくれました(涙)

この時は、大阪の料理教室を初めて1年未満だったのですが、センセーのピンチにマイ生徒さんがさっと立ち回って下さり、マイ生徒さんのありがたさをひしひしと感じました。


さらに、オーブンに突っ込んだタルトと肉の焼き加減。
全て、料理人のマサ君がコントロールしてくれたので絶妙な焼きあがりでサーブされました。

今でも
「あの子いなかったら、わたしらごはん食べられてなかった」
と、マサくんの働きぶりは話題にのぼるのです。


最後のドカンはまたセレブがやらかす。。。

パスタの茹で加減

ウンポ ドゥーロ(ちょっと固い)

ってアンナに直接いうもんだから、アンナが

アルデンテよっ

って言い返したものの、レッスン終了後、アンナはパスタが固かったかもと、ずっと落ち込む事に。

イタリア人はデリケート。

そんなこんなの大わらわの

伝説の料理教室の一部始終でした。


レッスンはカオスでしたがお料理はぜーんぶ美味しくできたから、結果みんな大満足。

今じゃいい思い出よ(笑)



[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-09-20 10:43 | イベント♪ | Comments(0)
<< 9/22空きが出来ました 大阪・伝説の料理教室 外伝 ... >>