カテゴリ:未分類( 145 )

イタリア滞在記2017⑧ンドィヤ工房見学で豚吉に出会う

c0222833_16213331.jpg
カラブリア2日目。
トロペアからほど近い、風光明媚な景色がスピリンガ村で朝からサラミ工房の見学をさせてもらいます。


c0222833_16224358.jpg

パパの代は豚の飼育をしていたそうですが、息子さんの代ではサラミ工房を開くという、家族経営小さな工房です。

c0222833_16214023.jpg
肉詰め加工の工程は見られませんでしたので、前日詰めたお肉さんを燻製にかけるところから見学。

c0222833_16214898.jpg
焚き木には数種類使われていて、オリーブやローズマリーなど。
かなりいい匂いです。


c0222833_16220343.jpg
その後熟成庫へ。
カビだらけで、モワッと匂いが立ちこめます。


ちなみに工房見学の間、息子は爆睡していたので平和に見学できました。

起きてたら、クーサーイと大騒ぎだったでしょう。。。。

c0222833_05253716.jpg
ボテボテしている(笑)形のが燻製中のンドゥイヤ

ここの工房では、全てのタイプのサラミ類を作っています。
その肉を加工する際に出る端切れを集めて、パプリカパウダーとともに練り合わせて作るのが
'Nduja ンドゥイヤ
と呼ばれるソフトサラミ。

アポストロフィに始まり、イタリア語では使わないjも登場。
ぶっちゃけ何語??って感じです。

これもナポレオン時代にフランスから持ち込まれたサラミ(アンドゥイッレ)が語源になってるとか。
フランスのサラミを参考にカラブリアオリジナルのサラミを作った結果こうなったという。

食の伝播って本当に面白い。

c0222833_16235833.jpg

さて、、、、、、
私とおじさんの間にある巨大なカビだらけのものは何でしょう???


これもンドゥイヤw

c0222833_16192657.jpg

特大サイズのンドゥイヤで、カラブリアの結婚式などで振舞われるそう。

特注で作っているのかと思いきや、年間何個か作っておくと、必ず売れていくそう。
ンドゥイヤ愛を感じます。
左は唐辛子まみれ。
カビだらけの熟成を経て左の完成形に。

ちょっと異様な形。。。。。


c0222833_16193423.jpg

こんなに巨大でも詰めるのは豚の腸に変わりはなく、大きい袋になるよう、腸をミシンで縫い合わせるのだそう。
しかも家庭用ミシンでOKらしい。。。
家庭用ミシン、やるなぁ。。。。

縫い目がくっきり(笑)

シュールな作り方の巨大ンドゥイヤさんでした。
c0222833_16194327.jpg

続いて試食〜〜
 
ンドゥイヤは塗るサラミと言われているくらい柔らかいのです。

c0222833_16195198.jpg

パンに乗せていただきます。

視線を感じる。。。。
c0222833_16244946.jpg

空虚な瞳の持ち主の豚吉は、ンドゥイヤを温めるためのポット。
ンドゥイヤを溶かして食べるためだけの道具です。
〇〇するためだけの道具って欲しくなるのよね。
すでにお皿買ってそこそこ重い手荷物ですし、かさばるけど豚吉も即買い(笑)

しばらく、ンドゥイヤで楽しんだ後は、バーニャカウダポットになるでしょう(笑)
カラブリア生まれの豚吉、ピエモンテ料理入れたら怒るかな?

c0222833_16195989.jpg

このドライトマト美味しかったので、11月の郡山レッスン、12月の広島・大阪レッスンでお出ししますね。
お楽しみに!

c0222833_05484007.jpg

その他、工房の全ラインナップを試食させてもらいました。
ピリ辛だからワインで流して、、、、をやっているうちにいい出来具合。
お買い物たっぷりしました。

途中で起きた息子。
ここのボクサー犬に絡まれ、やめてほしかったのか必死で犬に

NO!

って言ってました。
イタリアの犬に日本語通じないって思ったんでしょうね。
ニョウ、ニョウって舌ったらずなNOを犬に連発してました。

外国で困っている時、怒っている時が1番言葉出来ればいいのにって思う瞬間ですが、3歳の子どももそうらしい。
もっと困難に出会ってイタリア語を覚えるがよい。

さてこの後すぐに料理教室なのですが(笑)
アンティパスト終了〜〜

ほろ酔いで向かいます。

[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-11-04 10:12 | Comments(0)

ハッピーハロウィン

c0222833_09092293.jpg




ハッピーハロウィン🎃
というわけで、イタリアのかぼちゃ 笑

今日もレッスン。
9連チャンで働いてまーす
今日は子連れママのための料理教室です。



午後に11月分の子連れママのための料理教室日程をアップします。

旅行記もエンジンあげて書いて行きますねー




[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-10-31 09:08 | Comments(0)

登山後に料理教室


今日は、午前、午後の2レッスンでした。




午後は16:00-19:00です。

今日いらした生徒さん。
毎月、午後のレッスンの前にに喜多方の山へ登山してからいらっしゃいます。


あとは、いわきに天ぷら食べに行ってから、レッスンへ〜という方もいらっしゃいました。

それぞれ、1時間弱かけて県北、県南方面へ帰って行かれました。


みなさん、元気過ぎます(笑)


日曜午後の料理教室は、午前中にひと用事済ませてから来るにはちょうど良い

と、隙間時間活用に重宝していただいてます。

山はひと用事じゃないけど(笑)

日曜午後レッスンは月一回、開催してます♪








「自分で作る」イタリアンレストラン *ブォナ・フォルケッタ


住所 :福島県郡山市八山田
(詳しい住所はレッスンお申し込み後にご連絡いたします)

電話番号 090-2952-1539







【郡山】レギュラーレッスン日程・メニューのご案内
http://forchetta2.exblog.jp/i27/
【郡山】子連れママのための料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i32/
【大阪】 大阪・心斎橋のイタリア料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i21/


お客様の声


お問合せ




当教室は

県内は
郡山、福島、いわき、会津若松、猪苗代、須賀川、鏡石、二本松、伊達、白河、西郷村、鮫川村、矢吹、各地から

仙台、那須、宇都宮、盛岡、山形、秋田、茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川、札幌、など
全国各地よりお越しいただいております



[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-08-27 18:48 | Comments(0)

子どもの料理のお手伝いどうしよう??

こんにちは。
福島県郡山市と大阪のイタリア料理教室🇮🇹ブォナ・フォルケッタ、講師の柴田真夏です




昨日は6月最後のレッスン。
子連れママのための料理教室でした。

このレッスンは基本的にデモンストレーションが中心です。
子連れでご参加いただくため、お子さんを抱っこしたまま参加できるように、、というのが理由です。

c0222833_12020736.jpg



でも、こんなかわいいお手伝いは大歓迎。


ラプンツェルの新品のエプロンで、Mちゃん、張り切ってお手伝いしてくれました。
近ごろ、お料理に目覚めたそうでおうちでも親子でいっしょにお料理されているんだそうです。

楽しそう❤️




その月のメニューにもよりますが、お料理をやりたいお子さんには、一緒にやってもらうことも可能です。

3歳のMちゃんには

・食材にパン粉つける
・お菓子の材料混ぜる

をやってもらいました。
とても上手にやってましたよ。

さて、
例えば、子育てしてるとこんなことあるとおもいます。




・家だとお手伝いさせる時間の余裕がない
・子どものお手伝い、ノロくてイライラする
・何をお手伝いさせていいかわからない


子どもに料理のお手伝いをせがまれて困っているママさん、そんなときは、お子さんと一緒に来てくださいね。
どんなお手伝い、一緒にできるか試して見ましょう。





ちなみに、

c0222833_12020718.jpg




うちの息子は、自主的にお手伝いはじめて2歳の段階で
油入れる▶︎食材入れる▶︎調味料入れるの手順も理解して炒め物作ってくれるまでになりました。

たまに火傷します(笑)


親子で料理作り、楽しめるようお手伝いします



福島県郡山市八山田のイタリア料理教室
ブォナ・フォルケッタ


住所 :福島県郡山市八山田
(詳しい住所はレッスンお申し込み後にご連絡いたします)

電話番号 090-2952-1539


身近な食材がシンプルレシピでおもてなしのイタリアンに。
ブォナ・フォルケッタのヒミツ


【郡山】レギュラーレッスン日程・メニューのご案内
http://forchetta2.exblog.jp/i27/
【郡山】子連れママのための料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i32/
【大阪】 大阪・心斎橋のイタリア料理教室
http://forchetta2.exblog.jp/i21/


お客様の声
お問合せ




当教室は

県内は
郡山、福島、いわき、会津若松、猪苗代、須賀川、鏡石、二本松、伊達、白河、西郷村、鮫川村、矢吹、各地から

仙台、那須、宇都宮、盛岡、山形、秋田、茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川、札幌、など
全国各地よりお越しいただいております
[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-06-27 16:36 | Comments(0)

ホネホネ石炭化石館



いわきの料理教室の会場は湯本にあります。

会場に行く時にほるるいわき石炭化石館の前を通るのですが、息子にここは何かと尋ねられ

「ホネホネいっぱいいるよ」
と教えた所、行きたいとおねだりされました。

料理教室の間、いい子にしていたらよいよ、とお約束をして、レッスンの後に立ち寄りました。

c0222833_17424276.jpg



いわきの子どもなら一度は遠足で訪れるこの場所。
小学3、4年の遠足が最後かしら?
そうすると25年前か!?
ヤバイ、四半世紀経ってる。。。。。

自分が化石化しつつあるのを実感しながら入場。

c0222833_17424315.jpg


昔と違って、化石の展示がダイナミックになった気がします。

「ホネホネいっぱい、こわ〜い」
だそうです。


夫が子供の頃に住んでいた家に高速道路がかかる際、工事中に発見された何かの化石もここに展示してあったのですが、展示が変わったので見当たらず。

一度、一緒に来た時に
「これ、ウチの土地から出たやつ!」
と自慢された記憶が。

c0222833_17424389.jpg




あ、そう考えると最後に来たの15年くらい前かも。

c0222833_17424442.jpg


ここのもう一つの目玉が、石炭、炭鉱の歴史展示です。
息子には、石炭はトーマスが積んでいる黒い石だよ、これでトーマス動くねと説明したところ、理解してくれました。
ちょうどジェームスがいたので説明しやすかったです。
c0222833_17424496.jpg


一度はいわきの小学生がビビる、擬似坑道に潜ります。

江戸ー昭和の高度経済成長期までの石炭掘削の変遷が等身大人形とともに展示されているのです。

c0222833_17424512.jpg



子どものころは薄気味悪くて嫌だったな。
でも、私の母方の祖父は炭鉱夫だったそうです。
過酷な仕事ゆえ短命な人も多く、私の祖父も例外ではなくだいぶ若くして亡くなったそうです。

c0222833_17424592.jpg


顔も知らぬ祖父もこんな過酷な仕事をしていたのかと、この歳になって初めてここが自分のルーツの一つであるような気がしました。

いわきにお越しの際はまず、

映画フラガールを見てからテンションあげて

スパリゾートハワイアンズで遊び倒し、
その後、
こちらの石炭化石館にも足を運んでいただき、高度経済成長を支えた名もなき炭鉱夫にちょっと想いを馳せて見てください。


c0222833_17424680.jpg


最寄りの湯本駅下りホームには足湯もあります

私はスカートにタイツというミステイクで足湯出来ませんでしたが、この人は満喫してました。

c0222833_17424670.jpg


ズボンをまくっただけではあきたらず、とうとうオムツ姿で。

「しゃがんじゃダメだよ」と口を酸っぱく言っていたのですが、完全にお風呂モードになった息子は私がよそ見した瞬間にドボン。

下半身ずぶ濡れに。。。

駅のホームで全裸にして着替えるハメになり、公然わいせつしてきました(汗)

1泊してたからお着替え持ってて助かった。

c0222833_17424738.jpg



東京からは、品川・東京・上野から特急「ひたち」で2時間ちょい。

この猫はひたちのイメージキャラらしい。
吊り目がひたちのフェイスにそっくり。


東京駅からはスパリゾートハワイアンズ行きの無料シャトル(利用条件はお調べ下さい)もあるので、ぜひぜひ東北のハワイ、いわきにお出かけを。

奇しくも3/1で電車の車内は卒業式を終えた高校生がいっぱい。
その頃のわたしは家が嫌いで、いわきも嫌いでこんな田舎、出ってってやるっという気持ちでいっぱいでした。
高校卒業から間も無く20年(ひ〜、化石だ〜!)、だいぶ自分の生まれや、育った土地に愛情を持てるようになりました。


晴れやかな卒業生に囲まれた車内で少しノスタルジィに浸りながら、高校3年間乗った常磐線に揺られ
「通った道さえ今はもう電車から見るだけ」をしてしまいました。


[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-03-03 10:01 | Comments(0)

第3回 ブォナ・フォルケッタ in いわき

c0222833_17013730.jpg


実家に1泊後、いわきで主催していただいてる料理教室に向かいます。

うちの母も病院に行くとかで一緒に電車でGO。

c0222833_17013701.jpg



今回はピザレッスンでしたー。
3歳くらいの女の子はお手伝いいっぱい頑張ってくれました。


いわきのお教室の良いところは、参加者の方皆さんが子供たちの世話をしてくれるところです。うちの子供を始め、他の参加者のお子さんや赤ちゃんの面倒をさっと見てくださるのです。

誰がママかわからない程、皆さん本当に、子供がちょっとぐずるとあやしてくれたりかまってくれたりするので子連れの方にもすごく参加しやすい教室です。
私もそれで本当に助かっています。皆様のご協力に感謝しております。

c0222833_17013869.jpg


のばし方もコツがあります。

c0222833_17013896.jpg



じゃんじゃん焼けるピザ。
食べるのが追いつきません。

c0222833_17013984.jpg



4種類のピザにチキンナゲット。

c0222833_17013937.jpg


フルーツティラミス



いわきのみなさん、ご参加ありがとうございました。
主催の坂本様、企画・準備ありがとうございました。



[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-03-02 09:51 | Comments(0)

3月レッスンのご案内

c0222833_09474259.jpg



すっかり2月も中旬になってしまいましたが、3月のご案内を皆様にお送りさせていただきました。メールがまだ届いていない方はお手数ですがご連絡くださいませ。追って詳細を送りさせていただきます。
ある程度予約がまとまりましたら、こちらの方にも空日程をアップします。

よろしくお願いします。

[PR]
by buonaforchetta2 | 2017-02-14 09:45 | Comments(0)

緊急決定!本日ラジオに出演します



急遽本日ラジオ出演することになりました。
下記の時間帯で放送されます。お時間ある方は是非聴いていただければうれしいです。

番組名:
81.8MHz ふくしまFM「Impress(インプレス)」(生放送)
毎週月曜日~木曜日 13:30~16:00

コーナー名:
Impress「sukusuku(スクスク)」( 提供:かどや製油)

コーナー放送時間:
14:20頃~14:28頃を予定

内容:
毎月テーマに添った子育てを楽しくするための情報を発信しています

テーマ「子どもとパーティー」(5分程度)
①出来合いのお料理を本格的に見せるチョイ足しのコツ
②クリスマスパーティーで子供が喜ぶこだわりのお料理を作るためのコツ
③子供が喜おすすめクリスマス簡単レシピ
[PR]
by buonaforchetta2 | 2016-12-12 12:01 | Comments(0)

実食

c0222833_19311222.jpg



初収穫のオリーブ。

昔、プーリアでいただいた方法で食べてみました。

プーリアのおじいちゃんのお話では、どのオリーブでもこの食べ方が出来る訳ではない。
品種は分からないけど、「ご近所のあの木」ならイケるという超ローカル情報を元にオリーブを摘んでくるのだそうです。

なのでうちのオリーブが、これに該当するかは一か八か。

c0222833_19311339.jpg


とりあえず、よく熟れている一粒でチャレンジです。

c0222833_19311358.jpg


オリーブのオリーブオイル炒め物。

最初に苦味が来て、果肉のプリンとした滑らかな食感とともに溢れ出すジューシーなオイル。

プーリアで食べた時より苦い気がしたけど、ゴーヤよりは遥かに苦くない。
プリンプリンな食感は記憶の通り。

苦いの嫌なら皮むいて食べればいけるかな???

懐かしい記憶の味に再会でした。
オリーブを食べさせてくれたおじいちゃん、先ごろ天国に旅立たれたそうです。
おじいちゃん、日本育ったオリーブも食べられたよ。

おじいちゃんを思い出しながらのオリーブ実食でした。



[PR]
by buonaforchetta2 | 2016-10-18 10:12 | Comments(0)

台風の振替レッスン

c0222833_10404119.jpg


昨日は台風に警戒する1日でした。

料理教室があったのですが、昨日は参加できる方だけの開催となりました。市内の方は皆さんお越しになりましたが、那須、白河、福島、会津若松と市外・県外の方はやっぱりご参加できず。


市内の方も、なるべく早くレッスンが終わって帰っていただけるようにいつもレッスン中にやる作業などを先にこなしておきました。

息子も幼稚園が休園だったため、だいぶ暇を持て余していてお料理したいと騒ぐので、ポルペってに入れる野菜を炒めるのを手伝ってもらいました。

まぁ、フライパンの縁に手を触れてアチィィと大騒ぎする結果になったのですが、これも大事な経験ですね。
台風は、思ったよりも早く通過して、レッスンが終わる頃は雨も小降りになっていました。

ご参加いただけなかった方には振替レッスンのご案内をしております。
通常のレッスンに加え、もう1日追加の日程を設けました。
9月6日11時からです

メニューはこちら
台風でお越しになれなかった方には、皆さんにご案内しておりますが、その他にもまだ空きがございますので、
8月のレッスン都合が悪くてご参加できなかった方、
見逃してしまった方もぜひご参加ください。
c0222833_19073797.jpg


8月のレッスンは、珍しく冷製パスタを作っております。料理教室を11年やっておりますが冷製パスタをやるのは今回で2回目。
レアメニューとなっております。

お申し込みはこちらのフォームよりお申し込みください。


[PR]
by buonaforchetta2 | 2016-08-31 10:29 | Comments(0)