カテゴリ:大阪暮らし( 37 )

解放〜!!




c0222833_1931583.jpg



大阪の生活の中で解放されることが一つ。

冷凍食品作り〜!
ほぼ毎月いろいろ大量生産してました。

紆余曲折を経て最初のタッパ式から紙皿式へ。

置いてく私と置いて行かれる夫との無言の戦いでもあったような。

c0222833_1931586.jpg


最近の人気メニューは鶏のカシュナッツ炒めとか、肉団子の甘酢あんかけなど。
点心を習うようになり、中華料理の調味料が増えたのでそんなバリエーションも広がりました。


出産前、余裕があれば、私が入院している期間、夫用ご飯また作ることになるかと思いますがとりあえず、大阪暮しの一つの日課が終わりました。

今回はほとんど何も作らずに帰ってきたので一週間夫はコンビニやスーパーとオトモダチ状態ですね。
頑張って。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-03-26 15:10 | 大阪暮らし | Comments(0)

庫内在庫処分

大阪ラスト1週間は、冷蔵庫内一斉在庫処週間でした。

2年の生活、うち半分は家をあけていたのに出るわ出るわのデッドストック・・・。

c0222833_9504240.jpg



野菜はトルコ風の野菜スープに。
イタリア料理のミネストローネよりさらに作り方簡単なのです。
レモンがっちり絞って頂きます。

クズ野菜集めてこれで1品できると得した気分。

c0222833_950447.jpg



使いかけのレーズン、イチジク、マカダミアナッツ、クルミ、ゴマ・・・。
ちょびちょび出てきたので全部刻んでパンに。

引越し荷物詰めなきゃいけないのに、何年もやっていないようなテーブルパンを焼きたくなってしまうという。

c0222833_9504395.jpg


イカスミのペーストも発見。

ホントはリコッタ入りのラビオリ、イカスミソースを作ろうと思っていたのですが・・・。
ペースト買って早数ヶ月。

結局ただのイカスミソースのリングイーネ に。
冷蔵庫に残っていたカッテージチーズで、リコッタの雰囲気だけ演出。

あとは口内でラビオリと思い込んでたべるのみ(笑)

いやいや、ラビオリじゃなくても、市販のペーストでも美味しく食べました〜
市販のペーストにいろいろミックスしてパンチを出しましたので、我ながらいい出来♪

以前レッスンで、ヤリイカからイカスミを抽出するという大変しんどいことをやりましたね。
ヤリイカのイカスミって微々たるもんだから大変だったわ〜。

今回やまやで見つけたイカスミペースト、意外と使えるのでいいかも。
産後の料理教室で出そうかな〜。

c0222833_9504527.jpg



ペットボトルの紅茶やコーヒーも見っけてしまった。そのまま飲む気にはならないけどゼリーにするとなぜか食べられる不思議。
ゼラチンもやたら出てきました。
お菓子作る度に、在庫確認しないで念のためにゼラチンを買ってきてしまうのでそういう事に。



写真はないけど、大阪最終日の夕飯も在庫一斉処分の食材大放出だったので結構なご馳走作って来ました。

あースッキリしました。
引越し荷物もなんとかまとめてきたので一安心。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-03-23 11:32 | 大阪暮らし | Comments(2)

【和歌山】最後に・・・

関西も最後だから・・・と先週は1泊の旅行に行って来ました。
c0222833_19302395.jpg


お腹も大きいし、あまり遠出も良くないかな〜ということで、大阪南部に住む我々からは近場にあたる和歌山まで。

高速で行くとスグ着いてつまらないので下道で。
道中、ベビーザらスがあったので一気にベビー用品の買い物もしちゃいました。


泊まったのは和歌山市の和歌浦。
関西で美味しい魚を食べ納めしておこうということで。

坂沿いに家が密集しているのがポジターノ風?


c0222833_19302232.jpg


沈む夕日を見ながら海の幸を楽しんで来ました。
大阪に来てからは和歌山、よく遊びに来ました。
私はちょくちょく郡山に帰っていたからいいけど、夫はやっぱり田舎が恋しくなる時があるみたいで、山ばっかり、海ばっかりのただの田舎の和歌山にたまに出かけては癒されていたみたいです。

ただの田舎って褒め言葉ですよ。

あー、さよなら関西。
2年は短かったよ〜。

ただいま東京に向かう新幹線の中。
電車好きな(?)おチビさんは激しくモゾモゾしています。
お腹の中で最後の電車だから満喫しておくれ。


今回はお医者さんの言い付け守って「おとなしく」、
東京には寄らずまっすぐ郡山帰ります。

レッスンやお約束キャンセルしてしまった皆様すみません。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-03-22 10:53 | 大阪暮らし | Comments(0)

おうちランチ

c0222833_15474566.jpg


私の大阪暮らしも残すところあと3日!

最後に、西宮のまーさんがへんぴな大阪の自宅まで遊びに来てくれました。
週末の里帰りまではおとなしくするように、先日大阪での最後の健診で言われましたので
ウチに遊びに来てもらえて助かりました。

お家で簡単ランチ会♪

前菜にホタテのカルパッチョ 橙のソース

c0222833_15474680.jpg


シンコとほうれん草のアーリョ・エ・オーリオ レモン風味

本当は菜花で作ったら完璧。

シラスより一回り大きい稚魚、シンコというのがあるみたいで、それの釜揚げをスーパーで発見。
関西とサヨナラすることで残念な事の一つに、珍しいお魚を気軽に買う機会が減ってしまうという事があります。
郡山はやっぱり内陸なので決まった魚しか売ってないのね。
大阪暮しの2年間は四季折々、知らないお魚がスーパーにいっぱい並んでいて勉強になったな〜。

c0222833_15474497.jpg


パーティーの時のズッパ・ディ・ペーシェがまだあったので、クスクスも味見してもらいました。
(クスクスは戻したてです)
プレゼントで頂いたカルタジローネの壺に盛り付けると更に雰囲気アップしますね。

以前、郡山でシチリアから持ち帰ったホンモノのクスクス粉で回数限定のレッスンやりましたが、インスタントクスクスもいけてるので、また近々お魚のクスクスレッスンでやろうかな!?

c0222833_15474769.jpg


ドルチェはまーさんが芦屋のパティスリーで買ってきてくれましたー(≧∇≦)
芦屋のパティスリー・・・・響きだけで田舎モンはノックアウトです。
おいしいケーキをいただきながら、いっぱいおしゃべりしたのでアゴが痛い。

あー、楽しかった。

いつでも会えると思って大阪にいたのですが、振り返ってみるとそうでもなかったわ。
いつか、はダメね。すぐに日付決めないと。
こうやって月日があっと言う間に経っちゃうのです。

しばらく会えないけど、年内に関西or福島で、更に数年後イタリアでの再会楽しみです。
遠路はるばるありがと〜。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-03-19 18:47 | 大阪暮らし | Comments(0)

イル・ピスタッキオ 山のシチリア料理

昨夜は、大阪校の生徒さんとイル・ピスタッキオ貸切でディナーでした。
レッスンの時に話題にあがって、みんなでご飯食べに行こう~ということになったのが11月。
で、そこから最短で8名で予約できる日が4ヶ月も先の2月ということでした。

人気店なので予約大変だわー。
待ち遠しかったこの日もあっという間にやってきました。
本当は大阪校の生徒さん、みなさんに声がけしたかったのですがお席が8席のみということでその時のレッスンに参加していた生徒さん中心になってしまいましたー。
お誘い出来なかった生徒さん、すみません。


写真はすべて4人盛りです。

c0222833_2305682.jpg


秋冬は野菜と肉のシチリア料理のみ。
前菜、圧巻の8品。

自家製サラミの盛り合わせに始まり、オリーブ漬け、ケッパーのクロスティーニ。
プチプチ麦のサラダ。

ホカホカの前菜は、ナスのコトレッタ、キノコのフリッタータ、カリフラワーのコロッケ、ズッキーニのオーブン焼き。
ナスのコトレッタ、揚げただけなのに美味しくてみんな感動してました。

c0222833_2305717.jpg


パスタもなんと3種類。
左、ラザニェッテのラグー。
幅広のつるんとした手打ちパスタにラグーとリコッタがよく絡んでます。

右上。ピスタチオソースのペンネ。
これってゼータク!!!風味のいい上質のピスタチオをふんだんに使ったソース。
お皿舐めたくなります。

右下。ブロッコリーのカヴァテッリ。
シェフの野菜系のソースって、とってもcremoso(クリーミー)なのが特徴。
トローンと絡むブロッコリー。
私のブロッコリーソースはプーリア風だからまたちょっと違うしね。
こういうふんわりソース、ちょっと真似したい。

c0222833_2305413.jpg

そして、セコンドは肉!肉!
肉の盛り合わせーー!!

肉食女子テンションアップです。

写真右角から、仔牛、馬肉、自家製サルシッチャ、ラムのTボーン、鶏。
5種類盛り合わせで、どれが何の肉か忘れないように復唱しながら口に運んでました。
食べるのと覚えるので忙しかったよう。
馬肉も柔らかで美味しかったし、ラム好きの私はTボーン独り占めしたかったわー。

ジャガイモのオーブン焼きがコントルノでした。

c0222833_2305575.jpg


甘いものは当然別腹。
ドルチェもてんこ盛りー!

ブラッドオレンジのリキュールがけ。
カンノリッキ。
スフィンチ・ディ・サンジュゼッペ。


先週の2月の大阪レッスンでナポリ風のゼッポレ・ディ・サンジュゼッペをやったところでした。
その際、シチリアのこのお菓子の話もしていたところだったのでタイムリーでした。
リコッタがふんだんに使われていてシチリア感満点。


ピスタッキオは全員初訪問ということもあり、シチリアへの興味がぐんぐん増しているようでした。
シチリア料理って?とか美味しいエスプレッソの飲み方って?など、普段もレッスンはお料理するのに忙しくてゆっくり詳しくお話できないことなんかも、昨夜はゆっくりお話できたなと思います。

大阪の生徒さんたちと外でご飯食べるの初めてだったので、もっと早くからそういう機会を設ければ良かったなーと今更ながらに思っています。
とっても楽しい夜でした。

あー、私は当分ピスタッキオにはこられないけど、みなさんm次は4月から始まる海のシチリア料理も食べに来てくださいね。あ、予約はお早めに!

不良妊婦は深夜0時に家にたどり着きましたが、久しぶりに飲んだエスプレッソが効いて夜中3時過ぎまで目が冴えて眠れませんでした。
布団の中で悶々としてましたが、せっかく起きてたんだから、フィギア男子でも生放送でみれば良かったわ。


明日は2月の大阪レッスンのレポートあげます。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-02-14 18:22 | 大阪暮らし | Comments(2)

【滋賀】おごと温泉

京都ランチの後は滋賀県、琵琶湖湖畔のおごと温泉へ。

急きょ、夫の2連休が取れたのでお泊り旅行です。
ただ、年末に行った温泉旅行で結構ゼータクしたので今回は予算抑えて宿選び。

それが結構当たりだったのでご紹介しときます。

湯の宿 木もれび

旅館自体は古いんですが、リニューアルルームに泊まったので綺麗で快適♪

お風呂はプラス600円で、隣にある有名旅館の湯元館のお風呂入り放題です。
姉妹館ということで屋根伝いに行けるので不便なこと無し。

琵琶湖を一望できる露天風呂など、お風呂たくさんあってかなり楽しめました。
それにおごと温泉って泉質すごくイイ!
お肌すべすべになります(*^_^*)


値段が値段だったので食事は期待していなかったのですが、これが実に美味しかった・・・。

c0222833_11265361.jpg


旅館料理の華美さはないものの、田舎の素朴な味付けの料理の数々。
トロロ入りの味噌鍋とか鯛の炊き込みご飯などなど美味しかったです。

いや〜、久しぶりにコスパのいい宿見つけた感じで大満足。

夫が妊婦を乗せて長距離ドライブは避けたいとの事だったので、今回は電車で旅行しました。
お腹の赤ちゃんは電車に乗ると胎動ものすごいので、電車の揺れが不快で暴れるのかと心配になってお医者さんに相談したこともあったのですが、先生は「電車好きなんちゃう?胎動あるって事は元気な証拠だから大丈夫!」と笑い飛ばしてくれましたので、安心して電車旅。

c0222833_22285910.jpg



電車の間中はずっとボコボコ動いてたので、おチビさんもご機嫌だったみたいです。
今7ヶ月目、26週。お腹出てきました。




さて、今まで気づかなかったけど、京都からおごと温泉まで電車20分。
京都で宿が取れない時には大阪にホテルをとったり、京都でも辺鄙な場所に我慢して泊まったりしてましたが、20分なら温泉付きのこちらの方がオススメね。

またそのうち、郡山の生徒さん向けに関西食い倒れツアー第二弾を企画しますので、その時1泊は、信楽・暴れ喰い&おごと温泉プランも入れちゃおうか?
妄想旅行が広がりました。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-02-02 16:23 | 大阪暮らし | Comments(0)

【京都】気になる?イタリアン


c0222833_22351042.jpg


先日の夫の2連休に、ちょいと旅行へ。
京都にもちょっと立ち寄りました。

阪急の大宮駅で下車。10年前、大学卒業したての頃、この界隈に住んでいたのでとっても懐かしい。
昔の通勤路をお散歩気分で、そのまま北に上がって目的地へ。

お目当ては三条商店街にある魏飯夷堂(ぎはんえびすどう)の小龍包ランチ!
だったのですが、外に行列が出来ていて・・・。ランチタイム外して行ったのに予想外のコミ具合。
夫は並ぶの大嫌いな人なので、一も二もなく却下。
それに、ここ数日、家で点心教室の復習で連日点心を作りまくっていたので、夫は食傷気味だったようで、ますます並ぶ意欲無し。

それにしても、そんなに人気店だとは思わなかったよ。
すっかりランチのアテを無くしてしまい、フラフラと二条方面へ。


お腹減ったし、お目当ての店に入れないしご機嫌ナナメで不穏な空気。
と思っていたら目に入った雑居ビルのイタリアン。

時間も時間だし二条じゃランチできるところ無いし〜!と思い、行き当たりバッタリで入ることに。
古い昭和感満点の狭くて怪しい雑居ビルの階段で3階へ。
胡散臭い探偵事務所が入っているようなそんなイメージです。
怪しさとは裏腹にお店に入ると、オシャレなカウンター8席の明るい店内。

小綺麗だしちょっとテンション上がる~。
席に座ると、御池通がドーンと見渡せます。ここ、穴場?

ランチタイムはランチメニューだけだったので、Bコースを注文。
前菜、スープ、パスタ、ドルチェ、カフェのセット。


ランチは正直、あとひと押し欲しいなってところはあるんですが、食材は一つ一ついいものを使っている印象で、料理もとても丁寧。

ゆっくりペースで料理が出てくるので御池通眺めながらまったり出来るのも良いところ。

まあ1500円のランチじゃ真価は問え無いかと思うのですが、この店、ポテンシャルは感じます。
心惹かれるのは夜のアラカルトメニュー。
どれもこれも美味しそう。
アラカルト頼めるのだったら昼からアレコレ試したかった〜。

広島産牡蠣とトレビスのクリームソースのレジネッテ、これ食べたかったよー。

何より堀川御池というお世辞にも繁華街とは言えないエリアの雑居ビルの3階という隠れ家感が夜メニューへの期待を一層あおる。

店を一人で切り盛りするオーナーシェフも今風のイケメンさんですし♪
しかし残念ながら身重な上、関西暮らしのタイムリミットのある私がこの店で、御池の夜景見ながらワイン瓶を次々空にする日はこなさそうな気がします。

よって、大阪校の生徒さんで京都にお住まいの方も多い事ですから、夜のリサーチは皆さんに託します・・・。
どなたかディナーで行かれたらぜひレポートお願いします。

久しぶりに夜が気になるお店発見でした。


トラットリア ヌード
075-801-5962
京都府京都市中京区堀川通御池西入池元町401-1

行けなかったけど

魏飯夷堂(ぎはんえびすどう)
住所
〒604-8332 京都府京都市中京区三条通堀川西入橋西町661
TEL075-841-8071
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-02-01 22:20 | 大阪暮らし | Comments(0)

信楽小旅行2 タヌキ~

c0222833_173191.jpg


暴れ食いの後は、信楽市内観光へ。


c0222833_1732327.jpg


と言っても、失礼ながらたぬき以外なんにもありません。

c0222833_1732879.jpg


車窓からたぬきたぬきたぬき・・・・。
本当にたぬきだらけです。

c0222833_1732619.jpg


想像以上に団体さんが大型バスで信楽に押し寄せていたので、ゆっくりタヌキを見られるところを求めてたどり着いたのが、信楽陶芸村。

人もまばらでゆっくりできます。
夫、タヌキに囲まれてご満悦。



c0222833_1733027.jpg


ここは、昔使われていた窯が保存されています。
このての窯は維持が大変だそう。
今は釜としては使われていませんが、中にテーブルと椅子があってカフェとして活用されているよう。
ここで食後のコーヒーいただきたかったのですが、商売気ないのか2時前にもかかわらず営業終了。

何軒かタヌキ屋を巡って思ったのは信楽の人、商売気がほんとないのです・・・。


c0222833_1733416.jpg


無人でタヌキ販売ちう。
いっぱいいるーー!!!

c0222833_1733739.jpg


夫、タヌキに大興奮して私からカメラを奪うとタヌキの写真とりまくりw

c0222833_1734147.jpg


しまいには、タヌキ品定め中。
今回の旅行は私が、暴れ食いしたくて提案したのですが、密かに夫も楽しみにしていたらしい。
というのも夫が幼稚園生の時、信楽焼のタヌキを家に飾るのが夢だったらしいのです。(初耳です)
二十数年を経て今その夢が叶う時!
郡山のあの洋風の家のどこにタヌキの置物が似合う場所があるのか、私としては疑問だったのですが、
子供の時の夢とか言われたら止めるわけにもいかず。

じーーーっくり、顔を一つ一つ見比べて丹念に選んでいました。


c0222833_1733969.jpg


うちに連れて帰ったのはこの子じゃないですが、眉毛ない麿顏がなんだか可愛くて。
あとで写真見返して、この子も連れてくれば良かったかなーと思わないでもありませんでした。

信楽にいるとタヌキマジック?
タヌキに化かされてお財布の紐がゆるくなるようです。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2013-11-13 17:31 | 大阪暮らし | Comments(0)

信楽小旅行1 暴れ食い

c0222833_20371999.jpg

秋深し。
大阪から滋賀県・信楽町にショートトリップ。

c0222833_20372073.jpg

かわいい子ダヌキが松茸抱えてお出迎え~。

c0222833_20372173.jpg

しっぽりした雰囲気には似つかわしくない、暴れ食いなる不穏な暖簾。
魚松 信楽店今日のお目当てです (●´艸`)ムフフ

c0222833_20372272.jpg


一生分の近江牛と松茸が食べられる伝説の店・・・・というキャッチフレーズのこちらのお店。
松茸・近江牛のすき焼き食べ放題。
まずは序の口、通常食べきり分の松茸とお肉。


c0222833_20372357.jpg

お姉さんが最初の一枚を甘じょっぱく焼いてくれます。
お肉柔らかくて、脂のっていて旨ーい!

c0222833_20372458.jpg


ささ、ここからが暴れ食い本番です。
暴れ食いとは、甲賀地方の方言で、お客さんをお腹いっぱいもてなすことだそう。

ひっきりなしに、お肉のトレイや松茸のカゴをもった係りの人が「お代わりいかがですかー?」と勧めてくれます。
まさにわんこすき焼き!

c0222833_20372536.jpg


松茸もこんなカゴに入って、こちらがもういいです~~というくらい鍋いっぱいに突っ込んでくれます。


c0222833_20372668.jpg



あっという間に鍋がこんなことに・・・・。
肉も「本当にあと一切れだけでいいです。」と言っても、「念のため」と3枚くらいお肉を突っ込まれます。恐るべし暴れ食い。



平日にもかかわらず店内満席。周囲も私たちと同時スタートだったので、最初は一緒に元気にお代わり下さ〜い!と手をあげていたのに、いつしか肉と松茸がやってくると一斉に目を伏せる状態に(笑)
お残しはいけませんので、全部美味しくいただきました。
すき焼きの他、近江米の松茸ご飯と松茸の土瓶蒸し、デザートもついてきます。
胃袋の中で肉と松茸暴れてます。


c0222833_203727100.jpg


お会計の際渡されたお土産。
本日カップルデイとのことで、なぜかピザも。

c0222833_20372827.jpg


重い袋の中身を開けると、お店の松茸昆布3袋とお菓子やバナナが・・・・。
何でやねん、とツッコミ満載の最後まで楽しませてくれた暴れ食いでした。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2013-11-12 22:45 | 大阪暮らし | Comments(0)

リストランテナカモト 2013秋

昨年の11月ぶり!
ご無沙汰していたリストランテナカモトに久しぶりに食事に行ってきました!

私事ですが来週は結婚7周年。そんなお祝いも兼ねて・・・・。
(と、食事をしていたら思い出しました)

c0222833_19505610.jpg


お品書きを開くと仲本ワールドの始まりです。

c0222833_19505736.jpg


今回のお目当ては、イタリア直送のポルチーニ!
ウンブリアから、届いたばかりの粒ぞろいのポルチーニ。

期待が高まります。

c0222833_19505931.jpg


デザートみたいな一皿目。
チョコっぽいのはバルサミコ、生クリームなのは濃厚チーズクリーム。
クレープで唸ったの初めて。
美味しすぎます。


c0222833_1951089.jpg


二皿目にお魚料理。
オマール海老のカダイフ巻。周りにはいっぱいの温野菜。
見た目もゴージャスな秋のお花畑です。17種類はあったような・・・・。

リスナカさん、なんか、くる度にボリュームアップしている????
食べ応え満点のお野菜たちです。

c0222833_1951140.jpg


ここでサラダを挟むと、前菜の余韻が消えて、ムース状になったドレッシングの酸味で気持ちも舌もパスタモードに切り替わります。

c0222833_1951189.jpg


ポルチーニのスープに浮かぶアンニョロッティ。
ここですでにポルチーニさん登場!!
濃厚スープにリコッタ入りのパスタがあうこと。
上のパリパリのインカの目覚めチップもいいアクセントです。


c0222833_1951287.jpg


本日の主役。
パッパルデッレに絡まったポルチーニ!
運ばれた瞬間立ち昇る香りですでにノックアウト。
美味しすぎた・・・・。
美味しくて笑が止まらない夫の顔は久しぶりにみました。
新婚旅行で訪れたイタリアでは、時期が悪くて生ポルチーニを食べることが出来なかったのが心残りだった夫。やっと念願かなったのでご機嫌です。

c0222833_1951391.jpg


メインは豚でした。
こちらで豚のメインをいただくのは初めて。

写真ではわかりづらいですが、脂身の透明感が綺麗に光っていて食指を刺激します。
箸休めにネットリしたツルムラサキの相性のいいこと。
揚げたラビオリにはポルチーニクリームが忍ばせてあって最後までポルチーニを楽しめました。

c0222833_1951528.jpg


ドルチェはお口の中で無重力感溢れるチーズケーキと、ピスタチオのジェラート。

c0222833_1951641.jpg


全部美味しかったーー!!

冬のリストランテナカモトさん、そういや未体験だった。
真冬にまた伺いたいですねー。

店名: ristorante NAKAMOTO
・所在地:京都府木津川市木津南垣外122-1
・アクセス:JR「木津駅」徒歩約4分
・TEL:0774-26-5504
・営業時間:11:30~13:30(LO)、18:00~20:30(LO)
[PR]
by buonaforchetta2 | 2013-10-24 21:10 | 大阪暮らし | Comments(0)