<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月11日 夜もポルチーニづくし




 ポルチーニのランチを堪能し、ランチを終えたのはなんと午後4時。
のんびりしすぎた!

旅の疲れ&満腹のご一行はミニバスの中で爆睡しながら、今日から4日間お世話になるマリアとロベルトのお家へ。


おなかいっぱいだったけど、夜もポルチーニ。
収穫したポルチーニを使って、マリアとお料理する予定だったので、たった2個の収穫では心許なく、例のアグリに置いてあったかごいっぱいのポルチーニをお買い上げしての料理レッスンとなりました。

c0222833_18145447.jpg



さて、こちら、両方とも分類的にはポルチーニとなるそう。
右が正真正銘のポルチーニで、左はポルチーニの仲間で、きのこ嬢が収穫したのもこちらの方でした。

キノコマエストロは、何度か私たちが発見した“ポルチーニの親戚”をみて「俺は食わないよ」と言って捨てていましたが、同じ親戚の仲間でも近い親戚と遠い親戚があり、マエストロに「認定」してもえた、きのこ嬢収穫のポルチ君はきっと近い親戚のもの(=マエストロの許容範囲)だったのでしょう。


c0222833_18162886.jpg


みんな初めての生ポルチーニの下処理。
ポルチーニに関するあれこれまめ知識もマリアから伝授。

ポルチーニを山で採ったら
■根元から掘り起こすように。
■収穫後はビニール袋に入れず、かごなどに入れて山中を歩くこと。そうすることできのこの胞子が山に広がって来年のポルチーニの「種まき」になる。

購入時は
■外国産(この場合はイタリア産以外を指す)はかわないこと。(東欧の方のポルチーニは絶対だめ、とイタリア人は声を揃えて言います)
■カサの裏が緑がかっているものは避ける。身がしっかりしているものを選んで。

などなど。


c0222833_18164891.jpg



今回、状態のよい上記2つのキノコは、スライスして生のままいただく生ポルチーニのカルパッチョに。
他は、トリフォラというにんにくオリーブオイルいためにし、パルミジャーノのプディング、ポルチーニソース添えオルゾ(大麦)とポルチーニのお雑炊に。


このカルパッチョの香りのすごいことと言ったら!鼻の奥にポルチーニ詰まってしまったんでは!?と思うほどの香りでした。
パルミジャーノのプディングもマリアのお得意料理。以前野菜のソースがけでいただいたことが有りましたがポルチーニだとまた格別♪
雑炊はマリアの優しさが詰まっています。今後ボローニャ滞在中は、ず~っとパスタ続きだし、ランチもたらふく食べて帰ってくるだろう私たちのために、胃に優しい軽めのプリモピアっととしてこちらを準備してくれたのでした。

デザートはいちじくのババロアとティラミスとてんこ盛り。
こんな豪華な食事を2食立て続けに、しかもランチも消化しきっていないのにのどの詰め込んでしまうことへの罪悪感と、自分たちの胃の小ささを恨めしく思いながらのディナーとなりました。

この日、食事を終えたのは夜11時。生徒さんにとっては飛行機に乗って、成田からパリ、乗り換えてパリからボローニャ、そしてキノコ狩りに2度のヘビーな食事を乗り越えて、ハードな一日が終了。

ううう、胃がほんとに苦しい。今日はまだ初日だというのに、明日からの長~い滞在、耐えられる!?

そんなみんなの強い味方
[PR]
by buonaforchetta2 | 2009-10-31 18:26 | イタリアツアー2009&滞在記 | Comments(0)

10月11日 ポルチーニ狩り

10月10日。郡山の生徒さん達が飛行機に乗ってイタリアへ向かっているころ、私は
マリアとロベルトの待つボローニャ近郊の町、ブードリオへ。
ナポリ滞在のあとトスカーナでの休日を3日ほど楽しんでからの(ハードなツアーに備えるためにね・・・)
ブードリオいりとなりました。

荷ほどきもする間もなく、翌日からのツアー内容の最終確認。
旅程に盛り込んでいたレッスンやレストランでのメニューの確認やら、朝の出発時間のこと、細かい部屋割りなどなどをこまごまと決める。
レストランでの食事の内容も決まっており、メニューリストを見せられて私、狂喜乱舞。

え~~~、毎日毎食こんなにフルコースでおいしいもの食べちゃっていいの~~~↑↑↑

 

このごちそうが後々大変なことになるとも知らずに、明日からの旅行が楽しみで楽しみでならない一晩を過ごしました。飛行機の中の生徒さんたちもきっとポルチーニに囲まれる夢を見ているころでしょう♪

翌朝、10月11日の早朝に私とロベルトでボローニャ空港へ皆様のお出迎え。ここで9人乗りのミニバスをレンタルし(運転手はロベルト)、4泊5日を共にするのです。
まだかまだかと待ちかまえていると、到着ゲートから懐かしい顔ぶれが。
ロベルトも直前に覚えた「ヨウコソ~、イタリアへ~」のご挨拶で大歓迎。

さあさ、スーツケースをミニバスに積んだら、そのままさっそくポルチーニ狩りへ向かいますぞ!
(今回は日程も胃袋も弾丸ツアーとなっております・・・)

向かったのは、エミリアロマーニャ州とトスカーナ州の州境のゾーンFIENZUOLA(フィエンツォーラ)の山奥へ。いったん、アグリツーリズモへ寄り、きのこマエストロと合流。

なんとここへはかごに山盛りのポルチーニがすでに!
じゅるるる。
今からこんなにたくさんのポルチーニ採れちゃうのかしら、楽しみ!

c0222833_22173110.jpg



ポルチーニ狩りへの生徒さん達の意気込みは半端ではなく、日本で事前にポルチーニ狩りの予行演習(=猪苗代の山でキノコ狩り)をされた方が4人もいたほどです。きのこ柄の手ぬぐいで気合いを入れていざ出発。

c0222833_22181555.jpg



・・・・・と思ったら言葉を失うほどの急な山道。
ポルチーニを見つける前にへたばってしまうのでは・・・・・・


山へ入るといろんなキノコが。
「わ~、きのこ~」
「これ食べられるの~」

みんな手あたり次第、生えているきのこをむしって騒ぐため、マエストロ真っ青。

「オマエらっ、きのこをむやみやたらとさわるんじゃないっ!いいかこのきのこなんて触っただけでしぬんだからなっ!」
と怒られてしまいました(シュン)
これが触るだけでしぬ猛毒きのこ(触った手を無意識のうちに口物にやったりして、何かの拍子に口に入ったら危険・・・・ということだと思う)

c0222833_2219135.jpg


今度は茶色いきのこをみれば
「マエストロ~、これポルチーニ?」
と質問攻め。
中には“ポルチーニの親戚”もあり、食べられるものもあったのですがマエストロいわく
「食べられるけど、わざわざほんとのポルチーニがあるのに、こんなの食べなくてもいいじゃん」ポイッと捨てられてしまいました(泣)

探せど探せど見つからぬポルチーニ。ぐったりしたころに山の中腹にある広場へ。
ここはふもとのアグリツーリズモ所有の栗園

マエストロ、「ここで栗拾いしてもいいよ~」
って・・・、今回はポルチーニ狩りじゃなくて栗狩り???
ポルチーニはいずこ??あのカゴ山盛りのポルチーニは幻?

私含め5名は慣れない山登りに疲れ、栗拾いに転向。
他の3名とマエストロ、ロベルトはさらに山奥へポルチーニを探しに。

c0222833_2219394.jpg


いってらっしゃ~い。
栗拾いに夢中になっていると、山中から「キャーーー!!!」という歓声が。
もしかするとポルチーニ採れたのかしら???

歓声が聞こえてから数十分後、栗拾いに飽きたころに一行がご帰還。
かごの中には・・・・・・

c0222833_22201536.jpg


ポルチーニ2個!
マエストロが採ったかのような写真ですが(笑)、採ったのは、日本でもキノコ狩りがご趣味のハンドルネームきの子嬢。
日本の山で培ったキノコ採りの経験と勘がイタリアの山でも発揮され、マエストロがあきらめかけたその時に
「このラインをたどっていけばあるはず」と命名きのこラインをたどったところ見事見つけられたそうです。
んで、それをみちゃったマエストロも火が付いてしまったらしく、帰還するまでに数十分要したというわけだったそうです。
目的達成、ヨカッタヨカッタ

c0222833_22214771.jpg



山を下りてからはお待ちかねのポルチーニランチ。

■ポルチーニのクロスティーニ
■ポルチーニのポレンタ
■ポルチーニのタリアテッレ
■スカロッピーネ ポルチーニソース
■パンナコッタ ベリーソース

c0222833_2222950.jpg


う~~、これでもかってほどポルチーニをタップリいただきました。満腹。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2009-10-29 22:24 | イタリアツアー2009&滞在記 | Comments(0)

NO MARISA,NO NAPOLI!

c0222833_17472539.jpg


 ナポリへはプーリアから電車を乗り継ぐこと2回。夜10時過ぎにナポリへ着くとマリーサが温かい食事を用意して待っていてくれた。半年に1回は会っている計算になるのでお涙の再会というのはもうなくって、実家に帰るような気持ちでマリーサの家へ行っています。

サラダと、鶏のソテーといった具合で簡単なご飯ではあったのですが、さすがにマリーサなのでうまい!
マリーサの味だ~と思ったらほっとしてしまいました。

移動日だというのに、プーリアでは土砂降りで、出発前のランチで食後酒のアマーロを2杯も引っかけてしまったせいもあって、乗換の駅を間違って雷とどろく無人駅で降りてしまったり(10分後に次の電車が来たからよかったんだけども・・・・、結構恐怖で酔いもさめました)、乗換後の電車が2本とも遅れに遅れてへっとへとになってのナポリ到着だったのでマリーサ味のご飯はほんとに安心したのでした。


c0222833_17121786.jpg


そして、翌日からはカオスなナポリ生活の始まりはじまり。
どうやらようすがおかしいなと思ったのはマリーサの足。
引きずっているので訳を尋ねると、肉たたき(推定500gの鉄の塊!)を足の甲に落としてしまったらしく、ものすごい勢いで膨れ上がっている。
町医者の診断によると、「粉砕骨折の可能性もあり!」というわけでレントゲン技師のところへ向かう。
ところが、骨折はおろか、骨にひびすら入っていなかったようで
「Signora, ha bel piede!」とお医者さんには言われたようで、この状況だと「奥さん、足に異常はありませんね」となるとおもうのだが、その言葉を聞いたマリーサは「奥さんの足はなんてきれいなんだっ!」と解釈したらしく、車の中でもご満悦。
私の足はきれいなのよっ!って100回くらい言っていました。写真は「私の足はキレイの図」

相変わらずおっちょこちょいだけど、元気なマリーサにこれまた一安心。
私のイタリアのお母さんだからね、元気でいてね~。


c0222833_17462094.jpg


そんなマリーサと毎日料理三昧。
南イタリアの輝く3ツ星「ドン・アルフォンソ」で食べた物を再現して作ってくれたり、「こういうものが食べてみたい」と漠然と私がオーダーを出すと、マリーサの頭の中のレシピからそれに近いものを探り当てて作ってもらったりと、いつもとは違った感じのお料理をいっぱい作りました。けど、それが全部おいしいんだな。



c0222833_17541871.jpg



ナポリ人は、他の地域の人たちに「マンジャパスタ=パスタ喰い」といわれるほど、乾燥パスタをよく食べる。
それもそのはず、上質の硬質小麦がとれ、カラッとした気候はパスタを乾燥させるのに適しているため、乾燥パスタ発祥の地だから当然のこと。
なので、手打ちパスタを一生懸命つくるより、ナポリではスパゲッティよりさらに太いヴェルミッチェリという極太パスタを気長に(しかし、超アルデンテで)ゆで上げて食べるのが何より美味いと思う。
野菜に、魚介なんでもござれの万能パスタ。ナポリっ子はスパゲッティじゃ満足できないのだ。


c0222833_17464080.jpg


空いた時間は、カゾラーロというプロ用厨房ツール屋さんで二人で散財したり、ポッツォーリというナポリ近郊の港町へルーシー(次女)の新車の真っ赤なNISSAN MICRA(日産マーチ)でお出かけしたりと充実の日々でした。

c0222833_17465224.jpg


そして今回は念願のスフォリアテッラ・サラータ(塩味のスフォリアテッラ)を食すことに成功しました!
スフォリアテッラといえば、セモリナとリコッタの甘い練り物を貝型のパイ生地に詰めて焼いたお菓子なんですが、それのサラータ版もあるとずっと聞いていて、ここ数回のナポリ訪問では時間があるたびにお菓子屋さんから惣菜屋さんをしらみつぶしに探していたのでした。
今回は、マリーサの近所のアウグストゥスという老舗パスティッチェラにだめもとで聞いてみると
「今はないけど、半日待ってくれれば準備するよ」とこともなげに言ってくれるお店の人。
わ~い、オーダーメイドでお菓子頼んじゃった。
気分はルンルンです。
ブロッコリーやフリアリエッリ(ナポリの菜の花)などが入ったものを想像していたら、今回はリコッタとハムの組み合わせでした。ま、急ぎで作ってもらったからきっとお店にあった物をつめたんでしょ。
でも、塩味のも、サクサクパイとよく合っておいしかった~。
念願のサラータ、大満足。
これでほぼ、ナポリ菓子と呼ばれるものは制覇したかな??


そんなこんなで6泊のナポリもあっという間。
「次はどこへいくの?」というマリーサの質問に
「トスカーナとボローニャとシチリアに行くのであと2週間はイタリアにいます」という馬鹿正直な返事はせず
「うん。ボローニャで生徒さんと合流してちょっと旅行したら帰る予定」と答え、ナポリとお別れ。
正直に答えたら、あーた、「なんで、トスカーナなんてあんなしょっぱいとこいくのよ~。ボローニャなんか、全部パルミジャーノじゃないのさ~。シチリアって、私シチリア出身なんだからわざわざ行かなくても教えてあげるのに~」と散弾銃のようにやきもち発言を浴びせられるのは明白ですので私なりの心配り。

それでも、ボローニャ滞在がナポリ滞在より若干長いことを知ると、マリーサがすねだしてしまったので
「半年以内に戻ってくるから、ね、約束!!」とご機嫌を取り繕うのに必死なのでした。
そういうわけで半年以内にナポリにまたこなっきゃ。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2009-10-27 18:01 | イタリアツアー2009&滞在記 | Comments(0)

プーリア秋のうまいもの祭り

今回の滞在で最初に向かったのはプーリア。
毎年お世話になっているトニーノ宅には今回日帰りで一日だけお邪魔しました。
 トニーノは、あんなに渋っていたのにもかかわらず、煙草をきっぱりとやめて、その代わりに(ごはんがおいしいらしく)8キロ太ってすっかりパパらしくなっていました。エプロンの紐もパツンパツンで苦しそう。
「俺の人生かわったよ」とつぶやいていました。

c0222833_1901462.jpg


子供たちも1年みないまにおおきく、かわいく育っていて、幸せな感じがつたわってきました。
来るたびに、イヌネコが増えている気はしたのですが、とうとうロバまで飼いはじめてしまったもよう。
わんにゃん王国はすでに達成しており、ムツゴロウ王国in PUGLIA完成も間もなくです。

こどもたちがろばにいたずらをしてけしかけるものだから、私がなぜかろばに追いかけまわされ、オリーブ畑を全速力で逃げ回る羽目になりました。
子どもの相手は体力勝負でたいへんですので、半日でおいとま、宿泊はカロヴィーニョのMAKIさんのお家にお願いしました。


マンマもパパもお変わりなくお元気でほっと一安心。
今回もマンマがあれこれとおいしいものをいっぱい作ってくれました。


c0222833_722865.jpg



今の時期しか食べられない、ほんとに超期間限定のオリーブ炒め。
オリーブの生の実をオリーブオイルで炒めて塩をかけたものを熱いうちに食べるんですが、とろける果肉、ほんのり感じられる苦み、口に広がる良質の脂肪の香ばしさ・・・・と今思い出してもよだれが出てきそうな半端ないおいしさで、塩水漬けのオイルとは一味ふた味どころか、百味千味ちがううまさで、それとは完全に別物です。
ただ残念なことにどのオリーブの実でもこのお料理ができるわけではないらしく、決まった品種のようです。
それを突き止めて、日本で栽培しようともくろんだのですが、パパマンマに聞いても品種は知らないらしく、「ダレソレのあそこの畑のあのオリーブはいける」という超ローカル情報を元に彼らも入手しているそうで、ほんとにレアな食べものでした。玉砕覚悟で、えなりくんの会社になっているオリーブの実でためしてみようかしら?


c0222833_724217.jpg



それから、キノコも旬でした。娘さんがキノコを大量に持ってきたので、プーリア版のキノコ炒めの作り方を教わりました。
袋から出てくるキノコは、いろいろ混じっていて、笠が赤くて白い点々のついたキノコもあり、一抹の不安を感じながらの調理となりました。
イタリアでも毎年毒キノコで死ぬ人が数人はいるらしく、「おんなじ見た目でにおいもおんなじだけど毒キノコっていう場合もあるから判別がむずかしいのよ、キノコは~」と真顔で語るマンマ(マンマは冗談はいいません)がそのグツグツ鍋をかきまぜている姿は秘薬を作っている魔女のように見えてしまいました。(たぶん、毒キノコを食べて神経が麻痺していたんでしょう・・・・笑)

ま、そういうことがないようにイタリアにはキノコマエストロ(ほんとの名称は知りません)なる、資格があるそうで、専門知識、毒キノコの判別などの試験をパスしたマエストロに素人さんは山で採ってきたキノコを見てもらうのだそうです。今回のこのキノコも、マエストロのお墨付きらしいから大丈夫!?
 
その直後に「ハイ、お味見」とキノコがこんもりのったスプーンを差し出されたのですが、「マンマ、お先にどうぞ」とお返ししてしまいました。どうやら大丈夫だったみたいなので私もお味見。ペペロンチーノが利いてはいますが日本のキノコ炒めと似たお味でした。


c0222833_725734.jpg



それからそれから、秋の食べ物というわけではないけど、珍味ランパッショーニというアイリス系の球根を初試食。茹でて水でさらしてあく抜きをするんですが、それでも苦くて大変。
初めてランパッショーニを食べる人間の反応を見るのが楽しみならしく、マンマもニヤニヤしていました。
苦いけど、美味し。日本でだれか栽培してくれないかな?


c0222833_731568.jpg



マンマのお得意の粉モンもたくさんいただきました。
セモリナ粉入りのニョッキとか、他に生地にジャガイモが入ったフォカッチャ・リピエノのは最高でした♪♪
う~、今でも食べたいわ。


c0222833_73321.jpg



食べたいものはたくさん、だけど後ろ髪を引かれつつ、満腹の胃を抱えながらプーリアを後にし、陸路でナポリへと向かうのでした。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2009-10-25 19:00 | イタリアツアー2009&滞在記 | Comments(0)

お知らせ

ブログお引っ越しいたしました。

きゅうブログもそのまま残しておりますので、情報検索、buona Forchettaの過去の歴史なんかを振り帰っていただければと思います。

旧ブログ

Buona Forchettaの料理教室日記
[PR]
by buonaforchetta2 | 2009-10-25 18:57 | Comments(0)