<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

4月しゅうりょ~♪


c0222833_15422082.jpg

 ふっ。アホな記事をトップに数日もさらしてしまったので、じゃんじゃんUPして下の方に追いやらないと(汗)

 本日、4月レッスン終了です。
ここんとこテンション高い私なんですが、今日はさらにテンションあがっていまして、ちょっとぐったり気味で登場した生徒さんに「朝からお元気ですね」とメーガクがられましたorz
 新婚Jちゃんのハネムーンのお話や、披露宴の写真もみせてもらったり、ほか皆様とのガールズトークで盛り上がってしまい、、食事ものどを通らないほどでした!

 ですので、皆様帰った後、電池がブツッと切れてしまいまして・・・・・。
でも、まだやること沢山あるから、お昼寝するわけにもいかず、昼だというのに、命の水(黄色い泡入りのお水です♪)を注入しながら明後日から始まる久しぶりのPIZZAレッスンの準備に励んでいるのでした。
(現在、PIZZA生地センセイの発酵待ち)

は~。どんな栄養剤よりもお酒ってなんて効くんでしょう。今から3倍働けそうですよ♪

PIZZAレッスンは2年前でしたので、当時といろいろ状況が変わりました。
以前のレシピに掲載していた粉が、現行のものは配合が変わってしまったため、違う粉を使うことに。
これから、もう一回お試しPIZZAを焼いて微調整しようと思います。
(以前受けられた方には、新しい粉について、メールでご連絡しますね。レシピに書き足しておいてください)

ドルチェはバナナのジェラートなのでこれも今のうち作って試食分を準備。
材料に必要なバターは2年前はちょうど深刻な不足状態で、探し回るのに苦労したことなども思い出しました。

一個一個のレシピに思い出やストーリーがあります。。
しみじみ。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-29 15:43 | 料理教室 | Comments(2)

フランス語の思い出


c0222833_1554752.jpg



昨日のリゾットに合わせたワイン。
G. DE CHATEAU GUIRAUD 2007
ソーテルヌの辛口白ワインで、シトロン系の香りがつよく、リゾットのオレンジ風味と実にベストマッチ♪♪


別にこのお料理にはこのワインよ♪と合わせたわけではなく、ここ数カ月、いつもお世話になっている宇都宮のワイン屋さんのお任せワインが月1回届くのに申込をしていて、たまたまその中の1本を合わせてみただけなんですが。自分で選ぶより、断然おいしくて素敵なワインが飲めるのでこのワインの頒布会を楽しみにしている我々なのでした。

んで、飲みながらエナリクンが
「このワイン、名前なに?え~と、シャトー・ギラウド?」
というのです。

ただしくは、シャトー・ギロー。
ローマ字読みを素直にするイタリア語なら君は正解。私も心の中では思いっきりギラウドと読んでいます。


フランス語には苦い思い出が。
日本で言う外来語的な感じでたまにフランス語のセンテンスが登場するので、そいつがフランス語だと気づかないでいると、とんでもない発音をしてしまうことに・・・・。

だいぶ昔なんですが、イタリアでレシピ本を読んでいるとやけにQUICHEという料理が出てくるので、これはどんな料理だろう??といろいろ想像したものでした。
んで、ホームステイ先のマンマに「ね~、クィケってどんな料理?」と迷いもせずに訪ねたのです。
マンマはもちろん「?」で話が通じず、仕方なしに本を見せたところ「あ~、キッシュねっ!」と一言。
イタリア語と信じていたのでQUICHEがキッシュとは思わずにいたのでした。
イタリアの料理本て極端に写真がすくないから、ぱっとはquiche=キッシュとイメージがわかないのが悪い!
いまだに、この文字をみたらquiche→クイケ→キッシュと頭の中で2度の変換してからでないとだめなんですな。

また、とあるとき。
イタリア滞在後にパリによることになり、ローマからパリ行きの飛行機の中でちょっとだけフランス語会話をお勉強。あいさつ関係くらいはフランス語で・・・と殊勝な心掛けで、日本語訳とフランス語を見比べて暗唱。

パリについて市内行きの電車に乗ると、フランス人のお姉さんがフランス語で「ねえ、この電車ってノートル駅経由かしら?」と聞いてくる。
おお、さっそく実践会話♪と意気込んで、パリは詳しいのよ風に気取って答えてあげました。
「オウィ!!」て・・・・・・・・。

お姉さん、数秒茫然としてから、笑いを必死でこらえて
「ねえ、それってもしかしてウィ(OUI)?」と。
周りを見るとほかのフランス人も笑いを押しこらえているではないか!

いやね、ローマ字読みすればオウイでしょ・・・。と、イタリア語学習者がよく言う言い訳がフランス人に通じるわけでもなく、顔から火が出る思いで
「Yes・・・・・・」と英語で返事をするのがやっとなのでした。
まだ、オードリーがブレークする前だったので、そんなに世の中ウィ、ウィ言っていなかったのも悪い!
だって、本にoui!って書いてあったら素直にオウイって読むと思うな。
だから、字ずらでフランス語を追うのはやめて、耳で覚えるようになりました。

それ以来、フランス語の発音は石橋を渡るがごとく慎重に、周りを見渡しながら読むのです。
お店でワインの注文なんてなったら、絶対「コレで」と指差しにします。

フランス語はコワイ。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-27 06:56 | 料理教室 | Comments(0)

完成♪

c0222833_14552337.jpg



今をさかのぼること2年前。
初めてのイタリアツアーでプーリアへ。
物価の安いプーリアでは、魚介があり得ないくらい食べ放題。

そんな中、みんなでオイシーネ~❤とがっついたのが、オレンジとエビのリゾット(下の写真が現地のもの)。
「いつか再現してくださいね~」と当時の参加者さんにいわれてからあっという間に2年がたってしまいました。

何度かは、あの味を思い出すべく再現に取り組んでいたのですが、私の中で完成度70%どまりだったので最近放置しておりました。
けども、定期的に「あのエビのリゾットが忘れられません」とYお姉さまがじんわりプレッシャーを与えてくださるので(笑)、重い腰を上げてやっと納得のいくレシピを仕上げることができました。
ので、それの報告です(笑)

現地のは、仕上げのマンテカーレ(リゾットをバター・チーズなどでつなぐ作業のこと)はグラナ・パダーノ系と生クリームでつないでいたのですが、仕上げが生クリームだとどうしてもオレンジの風味が負けてしまうような気がするので、敢えて生クリームを使わず、パルミジャーノだけでマンテカーレしてみました。
んで、最後の香りづけも、現地のはオレンジそのもののふうみというよりは、オレンジエッセンスのようなきつめの香りだったのをやめて(料理にエッセンスはね・・・・・)、自家製のオレンジオイルと皮のすりおろしで仕上げてみました。
※オレンジオイル作りにおいてはシェフのお知恵も拝借しました。

うん。
久々に傑作ができたかも。

現地のお店のんとはちょっと違うけど、かなりおいしいと思います。
これでよいでしょうかYお姉さま???

5・6月はすでにメニューが決定しているので、このレシピは7月のプリモにしよっと。
夏にリゾットって・・・・て思わなくもないけど、さわやか風味なのでよしとしましょう。


6月のメニューをすっとばして7月のメニューをUPしてしまいましたが、肝心の6月は近日ボチボチUPしていきますねっ。






c0222833_14554324.jpg

[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-25 15:07 | 料理教室 | Comments(0)

オリーブオイル販売

c0222833_16501748.jpg



シェフレッスンでご紹介したオリーブオイル。
お問い合わせが多かったので注文販売いたします♪

どこで買えるんですか~?と質問いただいたのですが、こちら友人のオリーブオイルソムリエがイタリアで直接買い付けしてきたものなので流通に乗っていないんです。希望者の方のぶんだけ、ソムリエさんから取り寄せさせていただきますので、

お求め希望の方は4月30日までに柴田までご連絡くださいね♪


レッスン中にもバンバン使用していましたが、滞在中、シェフに一度だけお夕飯作っていただいたときにもこちらのオイルを使用。
冷蔵庫にある食材で・・・とパスタを作っていただいたんですが、菜の花とサバが、上品なリストランテパスタに大変身。(作り方のプロセスからして違いましたorz......)
口に運ぶ前から「絶対うまい」オーラが全開に出ているパスタでした。
おいしすぎて、思わず顔がにやけてしまい、笑いをかみ殺すのに必死でした。
何かを食べて笑いがとまらないって感覚、久しぶりでした。
シェフ+極上オリーブオイルで至福のひととき。


話はそれてしまいましたが、お問い合わせおまちしております。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-23 16:50 | 料理教室 | Comments(0)

5月レッスン!!!



 イベントにかかりっきりで、HP更新してませんでした。

5月中旬からイタリアにいってしまいますので、もうしわけありませんが通常レッスンはお休みさせていただきます。

でも、ちょっとだけ時間がありますので、過去人気だったPIZZAレッスンをもう一回やらせていただきます。
大方の日程が満員となってしまい、2日程ほど追加いたしました。

再度ご検討いただければ幸いです。

5月1日(土) 11時~ 残2
5月8日(土) 15時半~ 残3

メニュー
■PIZZA 4種
*マルゲリータ*クワトロ・フォルマッジョ(4種のチーズ)*揚げ茄子とチーズ
*ルッコラと生ハム
家庭用の電気オーブンでも、ふちがふっくらとしたブリッとした食感が生まれるPIZZA生地づくりを伝授します。トッピングは4種類です。
■オリーブの肉詰めフライ
種抜きオリーブの穴の中にひき肉を詰めて・・・。ビールが進むおつまみです。
■タコのカルパッチョ
タコで「ハム」を作り、レモンドレッシングでいただきます。
■バナナのジェラート
バナナとカスタードがジェラートに!?ワンステップで作れる簡単アイスです
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-23 09:44 | 料理教室 | Comments(2)

CHEFレッスン 総括

あ、この記事は自分自身へのメモみたいなものなのでどうぞよみとばしちゃってください。

More
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-23 09:38 | イベント♪ | Comments(2)

CHEFレッスン レポ③

c0222833_21421070.jpg

 さあさ、いつもとは違ったレイアウトのサロンに着席していただいてからはリストランテ気分でお食事を楽しんでいただきます。

ANTIPASTO
夏の訪れを待つ春のサラダ 

c0222833_1533241.jpg


最初にメニューが送られてきたときに、この名前にちょっとおおっと驚きました。
なんて詩人的なの、と。
トップにはミックスハーブのサラダが。それで春の香りを楽しんでいると、下の方から豆たちが姿を現し、そして一番下にはサプライズ的に隠されていた夏の風物詩的な食材のミニトマトのセミドライとモッツァレラが姿を現す・・・という一皿で季節の移り変わりを表現するまさにレストラン的一皿。
これにレタスとアサリ出汁で作ったスープをドレッシング代わりにかけていただきます。
プチトマはそこら辺で何も吟味せずにひょいっと買ったものを時間をかけて下処理するだけで、見違えるように甘みがでるし、モッツァレラもシェフのテクニックにかかるとブッラータですか!?といいたくなるくらいクリーミーに♪
おいしすぎます。

期間中、季節はずれの大雪が降ったに日は、シェフに「antiの名前なんとかなりませんかね?」とぼやいたところ(八つ当たり?)、「サラダに雪でものっけますか・・・・」と苦笑しながら、一向に降りやまない窓の外の雪景色を二人呆然とと眺めてしまったこともありました。



PRIMOPIATTO
自家製サルシッチャとクレソンのトマトソース 手打ちタリアテッレ

c0222833_1535270.jpg



東京からわざわざ送っていただいた極粗挽きの豚ミンチにフレッシュハーブをたっぷり混ぜて「肉を食べている感」満点のサルシッチャと、にんにく・たまねぎの丁寧ないため方やプロセスを経て出来上がったトマトソース。
それに、一晩乾かして生パスタということでアルデンテの食感が楽しめるタリアテッレ。
それをパスタのスペシャリテのシェフが作るわけだから、言わずもがな!!
レッスン中、私は動き回っていたのでなかなか出来立てのパスタを食べられなかったのですが、それがようやく4日目にして回ってきて食べたときのその感動ったらなかったです。
涙腺が熱くなるおいしさなのでした。今思い出しても涙がでそう。


SECONDO PIATTO
牛ロースのロートロ カリフラワーのバリエーション パプリカの香り

c0222833_154153.jpg



薄切りの牛ロースを丁寧に巻き込んでボリュームアップ。
そこに、ピューレにしたカリフラワーのパイ、ソテーしたクロッカンテのカリフラワー、薄切りサラダのカリフラワー、カリフラワーの香りのスキューマ・・・・と、たった1種の食材を見事四変化させた一皿。
お肉のうまみがジワリときて、その後、カリフラワーのやさしさに包まれます。

レッスン2日目に、私としたことがこのスキューマに使うカリフラワーのゆで汁を無造作に流しに空けてしまったのです。気付いた時にはすでに遅し、青ざめてしまいました。半分テンパリ状態でシェフに報告すると内心きっと「何しとんねん!自分あかんで!」と思っただろうに、「ええで、ええで、急いで作るから」と優しいお言葉。後光がさしてみえました。ホントすみませんでした。
翌日のレッスンからはもれなく「真夏先生が茹で汁捨てたんですよ。」とネタにされたことは言うまでもありません。


皆様に舌鼓を打っていただいている間は、厨房は大忙し!
c0222833_15175055.jpg


私はホール係で配膳と盛り付けお手伝い、シェフは休むまもなく料理を仕上げていきました。
c0222833_15184057.jpg



実は私、レストランのホールの仕事が天職だと思ったことがあるくらいで(一人で生きているわけではないのでね、天職にはできなかったんですが)、どんどんお皿の上で完成していくお料理を見守りながら、それを運んで皆さんのおいしそうに食べる顔を見ていられるのが私の家だなんて思うとほんとちょっと熱いものがこみあげてきたものでした。
ホールのお仕事を懐かしくさせていただきました。

私の家がホントのリストランテになってしまいました。

c0222833_1512522.jpg


そしてドルチェは・・・
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-22 05:26 | イベント♪ | Comments(4)

CHEFレッスン レポ②

 生徒さんがうちに上がってサロンに入るといつもとは違ったレイアウトを目にすると「わ~~っ」と歓声があがります。ちょっと嬉しい瞬間。

c0222833_2158951.jpg


 いよいよ始まったレッスンはまずは手打ちパスタの作り方から。
今回は贅沢にも卵黄だけを使ったパスタ。イタリアでいろんな手打ちパスタを食べてきましたが、このパスタはほんと初めてで生地のまとめ方も独特でした。
手馴れた手つきでどんどん生地がパスタに変わってゆきます。


c0222833_2133710.jpg


今回のお料理のコンセプトは
前日仕込みができて「勝負の当日(笑)」にはささっと作れるお料理というものでした。
(そんな意図があったとは当日のデモで初めて知りました。こんなおいしい料理だされたらイチコロだよね、ほんと)
そんなわけで、まずはAntipasto,primo piatto、secondo piatto、それぞれに必要な前日仕込の仕方を丁寧にご説明いただいたいてから、本番当日のプロセスに入る・・・という手順。
買い物一日、仕込み一日、本番一日と合計三日はかかりそう。プロの手仕事とはこういうものなんですな。


レシピの文章は至って簡潔なものでしたが、その一行では言い表せないくらいの細かいテクニックとシェフが長年積み重ねてきた経験などが、ぎゅっともりこまれているので、生徒さんは貴重な話を聞き逃すまいとレシピが真っ黒になるまでメモを一生懸命メモをとっていました。
私は傍らでアシスタントでしたので、そんな余裕はなく、みなさんと一緒に座って習うほうに回りたいと毎回思ったくらいでした。どなたか後でメモ見せて~~

c0222833_21334878.jpg


 私なんぞは「こうすれば、こうなります」で終わらせてしまう説明も、「なぜなのか」という点も踏まえて科学的な解説を丁寧に入れてお話してくださるシェフ。
ほんとっ、もう、勉強になりマス!
まじめな話ばかりではなく、関西ご出身なのでレッスンは終始冗談交じりのユーモアあふれるトークで盛り上げていただいたのでした。
毎日、同じことの繰り返しかと思いきや、その時々にいろんな経験談などを話してくださるので、毎日聞いている私もぜんぜん飽きない。このトークセンス、見習いたいわ。
そんな中でも私のお気に入りは、「斬鉄剣」と「アサリはアホやから~」のこのクダリ。
そろそろこの話でるかなっと、毎回期待度MAXでお約束ネタにひそかに笑わせていただいたのでした。

c0222833_213721.jpg


たくさん話をしながらも手際よくお料理が作られてゆきます。
それとともにみんなの期待度と空腹度はマックスに・・・。
たっぷり2時間強のデモを終えて、さあ、お待ちかねのお食事タイム!
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-20 14:36 | イベント♪ | Comments(0)

chefレッスンレポ①


今年初めてのイベント、シェフレッスン。
5日間6レッスンで60人以上の方に、涙が出るくらいおいしいお料理を堪能していただきました。
そして仕込みも入れたら6日間の長丁場にも笑顔で応じてくださった仲本シェフ、参加してくださった皆様、企画提案してくれた仙台の加奈子先生、期間中ほぼほったらかし扱いだったのにもかかわらず文句を言わないでいてくれたエナリクン、すべての皆様に心より御礼申し上げます!

イベント終了からはや2日がたちますが、いまだ私はイベント期間中の時のような心地よい緊張感とそして浮き足立った気分が抜けないまま。
忘れてしまわないうちにレポート書かせていただきますね。
写真掲載まずい~という方はお手数ですがご連絡くださいましM(__)M


4月14日の初日にむけて、シェフより先に届いたのは食材たち。
東京でシェフが厳選したお肉などを、郡山に送ってもらったのでした。
料理教室スタイルではあるものの、おいしいものをしっかり食べてもらいたいというシェフの計らいでした。
うちのたった一つの冷蔵庫が牛肉8キロ、豚肉3キロ?
野菜でいっぱいいっぱい。

期待感が高まります♪

つづいて13日午後にシェフが郡山にいらっしゃいました。
どこだかで「郡山はすんごいド田舎だけど大丈夫??」と吹き込まれていたらしいのですが、駅前が意外と大きいので安心(?)していた模様でした。
郡山のイタリア料理事情を知ってもらうため、仕入れをかねてジュピター、PIVOT、Vチェーンへ。
おうちについてからは仕込みに入ります。


パスタは前日の内に準備してかわかしておきます。

c0222833_13542450.jpg


トマトソースも数日分仕込み。
c0222833_13544447.jpg



あのおいしかったセミドライトマトもこんなに仕込んだのでした。
c0222833_14154492.jpg


翌日からレッスンが始まると思うとわくわくしてなりません♪
毎年年賀状に「いつかイベントやりましょう」と書いて下さっていたのが現実になるんだ・・・とちょっとウルルンときてしまいました。

いつもはmax6人のわが教室も、今回は10人仕様なため、
えなりkunの会社からテーブル・イス類をお借りして準備万端。

 
c0222833_21295661.jpg



ちょっと今回は私、気合を入れて毎朝パンを手ごねしてフォカッチャを焼きました。
c0222833_14145269.jpg





あとは生徒さんたちの来場を待つだけ!!
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-20 14:14 | イベント♪ | Comments(0)

いよいよです

c0222833_198337.jpg


chefレッスン、明後日に迫ってまいりました。
chefは明日の午後、郡山入り。それから、我が家で皆様のために仕込みに入ります・・・・。

仙台でも一足先に同じレッスンがあり、お手伝いを兼ねて参加してきました。
お料理の写真とかお見せしたいところだけど、お楽しみは当日までとっておきましょうね。


ということで、仕込みの時のパスタを切るシェフの手元で・・・・・・。
このパスタがどんなおりょうりになるんでしょ。
どうぞお楽しみにっ!
[PR]
by buonaforchetta2 | 2010-04-12 19:08 | イベント♪ | Comments(0)