<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あれから

c0222833_15112644.jpg


郡山に住むようになって、初めて見た造花の彼岸花。
昔のこの地域はお墓参りの時期にはまだ寒くてお花が手に入らなかったから、こういうのが今でもお彼岸の時期になると店頭に売られていると聞いたことがある。
残念ながら、この花をもってお参りに行く場所がないので私は買ったことはないが、まぶしい原色にずっと心を惹かれていたのでおもわず写真を1枚撮ってみた。
その日の午後、あの大地震があった。
今回の地震で不幸にも亡くなられた皆様に、この彼岸花をささげます。


 前回のブログには「日常生活を送れるくらい」と書いたが、それはそのあとのもっともっとひどい現実を知る前の事。
 結局あの日からは毎日毎日、私もその周りの人たちも、喜怒哀楽の四隅を激しく行ったり来たり。みんなが感情のギリギリのラインで怒って泣いて笑っている。ずっとそれを繰り返していた。
会う人みんなの目に涙がにじんでいた。
先が見えないことがこんなに怖いなんて知らなかった。


 それでも、私の周りの人たちは少しだけ平静を取り戻して、あの日から止まったままの日常をスタートさせるべく動き出してきた。
私の日常は料理教室をやることだけど、あとちょっとだけ、料理教室を再開するには時間が必要。
ごめんなさい。
今は、動ける人・動かなきゃいけない人のお手伝いをすることが私のやること。
今私にできる唯一のこと。それをちょっとづつ重ねていって私の日常を取り戻そう。

 みなさんも新しい一歩を踏み出されていますように。。。

それから。
 私なんかより、ずっとずっと大変な思いをしている方がほんとうにたくさんたくさんいるというのに、私のことをいろんな人が思い出してくれて、心配してくれました。
心配させてしまっているのも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。なのに、何もお返事ができませんでした。
 大丈夫と言えばうそになるし、不安だと言ってしまえばとめどもなく感情があふれ出て止まらなくなってしまいそうで、どちらの気持ちを伝えていいのか分からずに、ずっとずっといただいたメールやコメントにお返事を出来ないままでいました。ごめんなさい。
 コメントもいただくたびに感謝して、涙を流しながら拝読しました。ありがとうございました。
ちょっとまだ、個々にお返事を書くことができないので、ここでお礼をさせてください。
みなさん、ありがとうございました。もう少ししたら、またお礼参りさせてください。

被災された皆様が一日も早い普通の生活を取り戻されること、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
そして、原発事故の一日も早い終息を切望し、その作業にあたられている方に強く感謝をいたします。
一福島県民として、福島の雄大な自然とその恵みを体いっぱいに享受できる日が来ますように。
失って初めて知ったけど、やっぱり私は福島県が大好きなんだね。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-29 12:24 | 震災のこと | Comments(2)

記憶

あれから3週間ちかくがたちました。

 前回、ブログを更新したときでさえ、地震の被害の拡大、そして原発事故の悪化などが分からずにいたのだと地震から3週間たってから改めて感じました。3月中には、元通りの生活・・・とも思っていたのですが、そのあとにどんどん押し寄せてくる混乱、恐怖を想像できずにいました。
 今思うとなんて思いやりのないひどい文章で記事を載せてしまったことかと反省するばかりです。


 地震がおきてからは私もふくめ、周りの人間すべてがひどい喜怒哀楽の極限状態を行ったり来たりしていました。地震と原発事故が私たちから「日常」とそれぞれの人にとって大切なものを奪い去ってゆきました。



福島県に住んでいることをなんとも思っていませんでしたが、失ってみて初めていかに郷土を愛していたか、そして自分がここでしか生きていけないかを知りました。

私に出来ることを考えたら、大したことは出来なくて、やっぱり料理を作ることくらい。

 郡山市内で被災をして家に住めない状態になった友人が、我が家に身を寄せてくれていてここから仕事に通っている。酷いありさまになった家の片づけや次に住む場所の不安もある中で仕事に取り組む友人と、震災と原発事故後ずっとそばで私を守ってくれてくれたえなりくんの二人に温かい食事とくつろげるきれいな部屋を提供することが、今私にできる唯一のこと。それをちょっとづつ重ねていって私の日常を取り戻そう。
そんなことしかできなくてごめんなさい。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-29 10:01 | 震災のこと | Comments(0)

無事です

 皆様へ


 たくさんの方から心配のメール、お電話を頂きました。
 ありがとうございました。


 私も夫も、実家、夫の家族とおかげさまでみな無事です。



 地震直後は自分のことで精いっぱいでしたが、日が経つにつれて被害の大きさを知り、亡くなられた方のご冥福と、これ以上の被害が広がらないことをお祈りしております。
 

 ご心配いただいた皆様には、短いお返事ばかりを差し上げてしまいたが、お気もちありがたく受け取っております。また落ち着きましたらご連絡させていただきたく思います。


 料理教室につきましては、下記の記事のような形で対応させていただきたく存じます。
ご理解のほどよろしくお願いします


 私よりずっとずっと大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃることを思うと、こんなこと言ってはいけないと思いますが、レッスンの休講のお知らせを生徒様にメールをしたら、涙が出てきてしまいました。
 今まで、料理教室を出来ていたことがどれだけありがたいことだったか、生徒の皆様にお会いできることがどれだけ私の心の支えになっていたかを改めて実感いたしました。

泣いてもしょうがないので、また、笑顔で元気に料理教室を再開できるよう、出来ることをひとつずつやっていこうと思います。

取り急ぎのご連絡でした。


cari amici

c'e stata grande terremoto in nostra zona di giappone.
ma io abito lontano dal mare, quindi non ho paura di TUNAMI.

sto bene.
certamente il mio marito e nostre famiglie stanno bene.

non vi preoccupate.

e vi ringrazio molto di vostre cure.

MANA

 
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-13 14:46 | 震災のこと | Comments(7)

3月の料理教室について 生徒様各位

*下記内容のメールを生徒様全員にメールにてお送りいたしました*



生徒様各位

このたびは地震のお見舞いを申し上げます。
皆様、ご家族様、ご無事でしょうか?

皆様からご予約いただいておりました3月中の料理教室についてですが、誠に申し訳ありませんが、無期限で休講とさせていただきたく存じます。

 ライフライン、交通、物流の復旧をみまして、順次レッスンを再開させたいと思っております。
3月中にレッスンを再開いたします場合は再度ご連絡させていただきます。
ですので、現時点で承っておりますご予約の日にレッスンを催行する場合につきましてはレッスンの2~3日前に個別にご連絡をさせていただきますので、出欠を再度お知らせいただければと存じます。
 しかしながら、皆様個々のご事情もあることと思いますので、すでにご予約いただいておりますレッスンのキャンセルにつきましてはキャンセル料は一切頂戴いたしません。

 また、今回3月のレッスンへご参加いただけない皆様につきましては後日、4~5月に振替のレッスンのご案内さしあげます。
 いつも通りの生活に戻れることが一番の復興だと思いますので、料理教室も一日も早い再開をしたいと思っています。

上記のような理由からもレッスンについてこのように対応させていただきたく存じます。

 たくさんの生徒様から私の安否のご心配のメールを頂戴いたしました。ありがとうございました。
 私、夫ともども無事です。地震当時は自宅におりましたが、ひどい揺れで、食器・グラス類が相当数割れましたが、今は日常生活を送れるくらいに回復しております。

 皆様のご無事と一刻も早いご復興を心よりお祈りしております。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-13 14:22 | 郡山の料理教室 | Comments(0)

スフィンチョーネ、発酵中!

c0222833_1538252.jpg


 ここ数カ月、仕事や子育てで料理教室をお休みされていた生徒さん達がが数年ぶりに訪ねてきてくださっています。ラッシュのようです!
 年度末で郡山を離れる生徒さんもたくさんいらっしゃいますが、こうやってまた料理教室の事、忘れずにまた戻ってきていただいて、通っていただけること、ありがたいなと思います。
別れあり、再会あり・・・

しかーし、1~3年ぶりにお会いする生徒さん達・・・・。
依然とおわかりなく皆さんキレイなままー。
             
ハ~~orz
忙しさにかまけて何にも手をかけていない私はダメだなぁとちょっと反省。
毎晩お酒を飲んでいるうちに意識をなくしているような生活していたらいかんね~


またもう少ししたらイタリアに行くことも考えて、減量はモチロンのこと、自分メンテしないといけないですね~~。

ずっとおきれいな生徒様方をみて刺激をうけるひびなのでした。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-10 16:10 | 郡山の料理教室 | Comments(0)

気まぐれに・・・・

c0222833_11154938.jpg



 最近のブログは遊びの事ばっかり?
いえいえ、陰ながらちゃんと仕事もしてます。


3月のレッスンも始りました。
メインディッシュはミニカツ。トマトソースで和えようかなと思っていたのですが、前菜のスフィンチョーネも同じトマト味なので急きょ別ソースにしました。

イタリアのあるマンマが冷蔵庫にあった食材で思い付きで作ったソースなのですが、これがかなりお気に入り。
何が入っていたか一生懸命メモしていると、「そんなの書くほどのものでもないのよ~」と恥ずかしそうにしていましたが、こういう何気ないものがおいしくて思い出に残るので、イタリアの家庭を訪れる醍醐味なのかなとおもいます。

もちろん、適当に作った料理なので名前があるわけでもないので、マンマは”salsa capricciosa”と言ってましたので、今回のメニュー名もそのまま、カプリチョーザソースで行きます

capricciosaは「気まぐれ」の意。
マンマの気まぐれから生まれた料理、どうぞお楽しみに。

当初、予定していたトマトソースバージョンもご用意いたします。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-08 11:16 | 郡山の料理教室 | Comments(2)

ZAO

c0222833_1712338.jpg



ただいまです。

蔵王から帰ってきました~。
って、写真が玉こんにゃくって・・・。


1泊2日の間、滑っている間はずっと吹雪&濃霧で写真どころではありませんでした。
かの有名な樹氷も雪でグングン成長してはいたのですが、あたり一面真っ白で手前にある樹氷をチラリと横目で見たっきりで楽しめませんでした(泣)

じっくり樹氷観察でもしようものなら自分がたちどころに樹氷になってしまうようなそんな悪天候でしたので。
んで、広大なゲレンデで視界5mがやっとという状況だったので、迷子になったら大変。
蔵王慣れしている同行メンバーに必死に付いていくのが精いっぱいでちょっとサバイバルなカンジの初樹氷コース体験でした。


と、山頂はこんな感じでしたが山の中腹はまあまあのお天気&良好な雪質で、久々によいコンディションで滑ることができ、大変満足でした♪
夜は硫黄泉の温泉につかり、山形牛のシャブシャブ、山形ワイン・・・・とアフタースキーも充実の2日間を過ごしました。

は~。私のお楽しみがほぼ終わってしまった!
あとは今月末からイタリアに行くまでの間に、数十回に及ぶレッスンを1回1回丁寧にやるのみです!
生徒の皆様よろしくおねがいします~~~
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-06 17:01 | 雪山部 | Comments(0)

初の・・・・

c0222833_184147.jpg


東京滞在中、わけあって浅草へ。

そういや、スカイツリーってこの辺から見えるよね…とあたりを見回すも、それらしきもの無し。

気がつくのに、1分以上かかりました(笑)
あいにくの天候で上まで見えませんでした。

まあ、翌日、てっぺんも見えたんですが、まじかで見る初スカイツリーはこんなもんでした。

スカイツリーが世界一の高さになる2日前の出来ごとでした。

明日から1泊で蔵王にスキー&ボード♪

週に3泊も外泊を快く許してくれるえなりくんは偉いとおもうよ・・・
(しかも、今月末から3週間イタリア行くし・・・・)

ありがとう。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-04 18:44 | Comments(2)

ゲレンデ日誌 1月・2月編

1月3日 アルツ磐梯  友人6人と。
c0222833_16544250.jpg




8年ぶりの滑りにへっぴりごし。
えなりくんはスキー靴が閉まらず、3人かがりで占めてもらう情けなさ。

c0222833_16543423.jpg




1月12日(水) 猪苗代リゾート えなりくんと2人
 
3日の滑った感覚が忘れられず、二人でゲレンデへ。
えなり氏はレンタルスキー。途中から吹雪でえなり氏リタイア。(二日酔いも原因)
私、昔を思い出しストイックに滑る。だいぶ昔の勘を取り戻した模様。



1月19日(水) 猪苗代リゾート えなりくんと2人

c0222833_16543284.jpg




ゲレンデへ向かう道中、猪苗代の街はもんのすごい雪。
この日、町の除雪費用が底を尽きたというニュースが流れた。納得。

町には気の毒だけれど、ゲレンデはパウダースノーの宝庫!
やっほ~~いい❤❤
スキーにはまったえなり氏は、ゼビオでスキーを新調。が、1本目を滑っている途中でスキー合宿中の中学生に激突され、スキーが少し傷つきモチベーションが落ちる。 ご機嫌ななめの相手をするのに疲れる。
帰ってからは疲れた体にむち打って、翌日の自宅新年会の準備。

1月26日(水) 猪苗代リゾート えなりくんと2人


この日はスペシャルデイでリフト券が男女とも1000円ぽっきり!
水曜が定休の我々のためにあるスキー場ではないかと思ってしまうありがたい場所。
リフト券は安いのに、ゴンドラもあるし、コースも多彩。それでいて混んでいないという究極のスキー場だとおもう。この日は12時に到着し、3時間ほど軽く滑る。私もかなり上達してきた模様で、たぶん昔の自分を抜いたな・・・と感じ始める。ヘナチョコスベリだったえなりくんも、スピードが出て同じペースで滑れるようになってきた。こういうのを待っていたんだよね。
 この日はゲレンデゴハンは食べずに、磐梯熱海の味噌やでラーメンを食べて帰る。

2月1日(火) 沼尻スキー場 えなりくんと2人


この日は朝から郡山市内も雪。
「ここがゆきじゃ、スキー場はもっと雪だから行くのは無理!!」と言われるもののねばること1時間。
朝10時までに雪がやめば行ってもよいという条件付き契約をもらい、終始天気とにらめっこ。念力が通じ、お出かけOKに。
道中の母成峠は降り積もったばかりのパウダースノーが木々に積もり、青い空と対照的で美しい。
風邪が吹くと小枝に積もった雪がたちまち雪煙りとなり視界がまっしろになってしまう。これが吹雪の中なら恐ろしいのだけど、青空のもと、一瞬の出来事なので幻想的というしかない。

能天気に私は雪景色に見とれているも、運転手はかなり神経をすり減らしたよう。

c0222833_16543587.jpg



雪が降りたての沼尻スキー場は極上のパウダースノー。しかし、緩斜面が多く、スノーボードだと止まる・・・。
平地はえなりくんのスキーストックにつかまりレッカー移動してもらう羽目に。

c0222833_16543366.jpg




この日はエッジへの加重に意識を集中しながら滑ってみる。
今まで苦戦していた不整地斜面でもエッジが立っているとぼこぼこへの抵抗が少なく、かなり思った通りに滑れることが分かる。ちょっとだけキレた感じで気分もよろしい。

天気はいいけど、猛烈な強風で体が芯まで冷えてしまい2時間ほど滑って退散。
ちなみに、沼尻も毎週火曜はレディースデイでリフト券が500円。
平日休みの特権ですな♪

2月6日(日) アルツ磐梯  うちの生徒さん方と 計4名。
Y姐さんにおねだりして連れてってもらいました。

ランチは、猫魔カフェで。
「B級グルメ!?焼きそばカレー」とお勧め商品があったのでこちらを食す。
だけど、ただのソース焼きそばにカレーをぶっかけただけで決してB級ではないと思う相性の悪さ。
B級ってのは、庶民的な食材を使っているのにすんごく美味しいものを指すんだと思うわけですが、テキトーなもんになんでもB級ってつけて逃げ道にするのは良くないと思う。
まあ、取り合わせはわるいものの腹もちは良好。しかし、いったん休憩すると体が怠けるのか平地ですってんころりんしてみたり。大けがする前に15時すぎには退却。

2月9日(水)猪苗代リゾート 私・えなりくん・えなりくんの会社の人3人 計5人

c0222833_1723072.jpg




今日も懲りずに猪苗代リゾートへ。。
雪がすこしザラついてきた。アイスになった面に薄く新雪が積もった状態で、深くエッジを立てると恐怖の「ジャッ」という音がする。
本日は、ボードのお仲間が一人。しかし、可もなく不可もなく滑っている方だったので教えてもらうわけでもなく、一人もくもく今日もカービングもどきの練習に励むカンジです。

えなりくんは、昔スキーのインストラクターをしていたという上司の方に、一日みっちり個人レッスン。
脱ボーゲンを目指すべく、もくもく滑っている。
午後、無茶をして最大斜度40度の上級者コースへ。スノボなら何とか滑り下りれるのだけど、スキーは大変なようで、バランスを崩したえなりくんは上から下まで見事に転げ落ち、一同の笑いをとるのでした。
本人的には笑いが取れたので今日の滑りはまんぞくだったらしい。

会社の事務のSさんは10年ぶりくらいのスキーだそうで、ウェア&板を一式レンタ
ルしたものの2本滑ってリタイア。センターハウスで一人ビール飲みにはしってしまった・・・。

2月16日(水) 猪苗代リゾート えなりくんと二人で

c0222833_1723299.jpg




また懲りずにリゾートへ。今日はまたまた女性がリフト無料デイだったのです。
この日は大学生が春休みに突入したのか、若者がおおい。平日めったに並ばないゴンドラも本日は5分~10分待ち!それに天気もホントに良くて、久しぶりに猪苗代湖を望みながら滑れるのが嬉しい。

c0222833_1723394.jpg




そういうわけかホントに入門クラスの子がスッテンコロリン状態で本日のゲレンデは危険がいっぱい。
えなりくんは、先週習ったパラレルの練習をもくもく行っていた。
正月に一緒に滑りに行った私の友達S子よりスキーを上手に滑るのが至上命題になっているようで、私に滑りをチェックさせては「S子よりうまい??」としきりにきいてくる。
どこから湧いてくるライバル心なのか??

c0222833_1723513.jpg



まあ、以前に比べて足もそろってパラレルチックになってきている。がんばれ~。
本人はS子を抜いたと確信をもったものの、当のS子もスキー合宿などへ通い技を磨いているそうだ。
この二人をまた一緒に滑らせてみたいのだが、今シーズン彼女と予定が会うことはまずないので、この不毛な争いは来シーズンへと持ち越さなければならない。


私はというと、相変わらず一人、カービングターンの練習。エッジに乗れている感覚が身についてきたと思うんだけど、どうなんでしょう??フォームをチェックしたいけど、誰かビデオとってくれんかね??


2月23日(水) アルツ磐梯 えなりくんと二人で

いつもは、私にせかされてしぶしぶゲレンデへ出向くえなりくん。今日はかなり久しぶりのアルツだったので、かなり上機嫌でお出かけ。
毎週、地味に猪苗代リゾートで練習してきた成果をアルツで発揮するのだそう。
正月に惨敗だったアルツでどれくらい滑れるか、私もえなりくんの成長が楽しみ。

数日まとまった雪が降っていない上に気温も10度近くあったので雪が溶けてぐしゃぐしゃ。
雪が重くなっていて滑りづらい。
まあ、それでいても、正月の時よりはかなり上達して滑れるようになっていたので、本人もかなりの手ごたえを感じたようだった。スタミナ切れしてたびたび立ち止まっていたロングコースも一気に滑り降りれるようになったし。相手に合わせるでもなく、自分の好きなペースで滑ってもちゃんと付いてきてくれる&ついていけるってのは本当に楽。

c0222833_1752596.jpg




 先日、生徒さんたちとアルツに行ったときはかなり上級者気分で滑っていた私ですが、今日は重い雪に足をとられフォームが乱れがち。気持ちが急いて基礎を忘れているに違いない。いかんいかん。

 私は数週間ぶりのアルツだったけども、久々のアルツはコースも長いし多いしものすごく楽しかったようで、家に帰って来てからも「今日は楽しかった」を連発。
それっていつもは楽しくないんかい??

せっかくのアルツも雪がビミョーになってきているのがただただ残念。
福島エリアのスキーのベストシーズンは2月まで?
仙台に住んでいたころは3月中旬までは、そこそこ良いコンディションで滑れていたんだけど・・・・・。
温暖化の影響か、エリアの問題か、今年が異常気象なのか。
少しでも長く良い雪質で滑りたいものです。

えなりくんはこの、アルツを今シーズンの滑り納めにしようとしている模様だ。
あとは、またドカ雪が降ってコンディションが良好なときでないと行きたくないらしい。。。。

まあ、私もこんなベチャ雪相手に滑っても仕方ないのでその方針に従おうかなと。
ただ、この後もえなりくん以外の友人たちと最低3回は滑りに行く予定があるので、今期はそれでよしとしましょうね。

c0222833_17525892.jpg


恰好だけはかなり上級者です(笑)

2011年2月27日(土) 猫魔スキー場 Tクン、マコチンと3人で

8年ぶりに、ネコネコニャンニャン猫魔スキー場へ。


むか~しすぎて、食堂で「ねこまんま定食」を食べた以外、コースの記憶がまったくございませんでした・・・。

c0222833_18222526.jpg




この日は、霧氷が大変きれいだったのですが、霧のせいで雪が湿って、ひどいがりがりのアイスバーン。
今季初のがりがりに、フォームも凍りつくっつーの。
しかも、
今日は男子2人、どちらもスノーボードなのでがっつり滑ろうと前々からたのしみにしていたものの、
私→軽い二日酔い
Tクン→腰が痛い&寝不足(酒飲みに付き合わせたので) 
マコチン→夜勤明けで2時間も寝ていない。

とみんなコンディション悪!

おかげで、ほぼ斜度0度の平地であり得ない転び方。手を突く前に胸→顔面を強打。
ゴーグルしていたからまだよかったものの、一瞬くらっとしました。アイスバーンに顔強打だよ。。。
折れた心を立て直すのに1時間かかりました。
こけた理由は、一緒にいったマコチンのせいだ。マコチンとは初めて滑りにきたものの(会うのも2回目・・・)、
かなりのスノボ上級者で、カチカチのアイスバーンにも関わらず、深くて綺麗なシュプールを描いていたのです。おもわずその弧に見とれていたら、マコチンのシュプールに板を引っかけてころんだのでした。
しかも、嫌な転び方をしたのを思いっきり見られてしまい恥ずかしいのなんの・・・

もう一人、Tクンは今日のボードに備えて、前夜に整体でコンディションを整えていたのにも関わらず、腰痛悪化したようで、ゾンビのような顔でターンも控えめのダダ滑りをしていたのでした。

初心忘るべからず!
このあとは、かなり謙虚な気持ち(へっぴり腰??)ですべりましたよ。
安全第一。
みんな明日がある身ですから・・・

猫魔。雪が良ければかなり楽しいコース。リフト下りてすぐ目の前が36度の上級者コースって、かなり凄い作り。このコース、昔滑ったのかな?記憶がないのがもどかしい。
ぜひ、次回はミクロファインスノーの日に、この斜面を滑り降りたいものです。


c0222833_18222476.jpg




4時間と少し、滑った時点で午後2時。
喜多方に回って喜多方ラーメンを食べて帰宅したのでした。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-04 18:28 | 雪山部 | Comments(0)

東京 

 ここ数日、東京でした。

c0222833_13482410.jpg




第一の目的は、シチリアから一時帰国中のreiさんの料理教室へ。
今回のテーマはアーモンドを使ったお料理・・・というこてで前菜からデザートまで全5品、アーモンド尽くしでした。
けど、どのお料理もアーモンドがはいていながらも印象の違う仕上がりでアーモンドの魅力にはまるひと時でした。
一番勉強になったのは、日本にある食材でいかにイタリア現地の味に仕上げるか・・・ということ。これは常々、新レシピを仕上げる際に頭を悩ます永遠の課題でもあるのですが、REIさんの見事な応用力をみせていただきました~。
今回のメニューの中には数品、シチリア現地でいただいたものもあったのですが、日本で、日本にある食材で作っているのに全く同じ味に仕上がっていました。
まだまだ修行の足りない私です。がんばろう!


c0222833_13482638.jpg




それから第2の目的はFOODEX JAPAN。
人脈の宝箱を持つ友人Kさんにくっついて、イタリアブースを回ったところ、まー、いろんなブースで歓待されました。小柄のポチャッとしたイタリア人のおじさんが親しげに彼女に話しかけていたのですが、そのおじさん、とある町の首長さんだそうです。恐るべし、Kチャンの人脈金鉱。

 世界中の食品の見本市であるFOODEX。短い時間内で回りきれたわけでないのだけれど、ざっと見た限りでも日本で手に入らないものって何だろう・・・・と思わずにはいられません。
見たことも来たこともない食材を目にすれば世界の広さを感じるし、そんなものが所狭しと並んでいると、世界が狭くも感じられ不思議な感覚にとらわれました。

3日間ほどの東京滞在でしたが、イタリアマニア界(?)の著名な方々はじめ、たーくさんの方に会いました。
各界で活躍される方々のお話に刺激をうけて活力をもらいました。
普段は料理教室の買い出しくらいしか外出せず、居城でヌクヌク温室状態で過ごしているばかりでしたので、こうやってたまには東京にでて刺激を受けるのはホントに大事です。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-03 13:34 | 郡山の料理教室 | Comments(2)