<   2012年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ブォナ・フォルケッタ大阪校 開校のお知らせ

c0222833_20413155.jpg


大阪でグータラ過ごしておりますが、
な、なんとブォナ・フォルケッタ、大阪に進出することになりました。


大阪にきた当初は全くそんなことも考えずにいたのですが、こちらでお知り合いになった方に強く進められまして。
「そのうちやりますーー」
何て言って、のらりくらりとしていたところ、毎月、お会いする度に、開校への進捗状況を聞いてくださる上に、物件探しまでしてくださったり。
そこまでして習いたいと言ってくださる方がいるならば腰を据えてやらねばなるまいと、一念発起したわけです。
(私はしょっちゅう一念発起している気がする・・・・・)
仕掛人Mさんにお会いした翌日に会場の交渉をし、翌々日にHP作りました。腰をあげればすぐにやれる子です。
Mさんに感謝です。

会場は利便性を考えて大阪市内。梅田からも近い天満橋のレンタルキッチンです。
(トルコ語の先生のカフェ店舗をそのまま借りましたw)


どうなるかはわかりませんけど、10月から平日、休日にそれぞれ1回ずつのペースで教室をやって行きます。

メニューはブォナ・フォルケッタ7年分のレシピの中から季節に合わせたお料理を、と思っています。
また、大阪は郡山の数倍楽にいいお魚が揃うこともあり、大阪でしかできない料理何かも取り入れていきたいなぁ。

10月からの開講で26日(金)と28日(日)がレッスン予定日です。
大阪近辺にお住まいのイタリア料理に興味のあるお友達がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介下さいませ。
関西に転勤された元生徒様も大歓迎です。

尚、郡山の本校(?)ブォナ・フォルケッタは何も変わる予定はありませんのでご安心を。

本校並びに大阪校ともどもよろしくお願いいたします。

大阪校の情報はこちらからご覧ください。


●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳
 ╋╋╋      【大阪校】のレッスン情報はこちらから
 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳
 ╋╋╋ 【福島県郡山  本校】9月の料理教室の空き情報はこちらから。
 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-28 20:50 | 郡山の料理教室 | Comments(10)

9月平日日程 キャンセル出ました

c0222833_20244874.jpg


8月、もう終わりなんですねぇ。
長いと思っていた1ヶ月半の私の夏休みも終わりです。こんな長い休暇、初めてでした。
ありがとうございました。

お休みいただけるのも、9月以降にみまた料理教室ができるからです。だーれも来てくれなかったら長い休暇ではなく、ただの失業中になってしまいますからね。
皆様に感謝です??

さて、私の都合でここの所倍率が高くなってしまった平日のレッスンに空きができました。

9月7日 11時~ 1名様

諦めてしまった方、またご検討くださいませ。

その他のレッスン情報はいつものここから。


●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳
 ╋╋╋      9月の料理教室の空き情報はこちらから。
 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

来週から久々の郡山♪
レッスンの食材手配やレシピ書きなどと今更ながらケツカッチンでやってます。

楽しみ楽しみ。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-27 20:13 | 郡山の料理教室 | Comments(0)

ジュルリ

c0222833_18334245.jpg


先日、イタリアでお友達になった方が経営している雑貨屋さんへお邪魔しました。3月のトスカーナで知り合い意気投合し、一緒に遊んでもらったお仲間です。

c0222833_18333866.jpg




思い出話をしていたら、その時の肉写真が大量に出てきました。

そのうちの一軒。
ある農家で、そこで育てている豚やら牛やらを使ったご馳走をいただきました。

ウマーーーイ!!!!

と、大騒ぎすると
「(料理の)腕じゃなくて材料がいいだけよ」
と、そこのお嫁さんは謙遜していましたが、なんのなんの。

肉を知り尽くしているからこそ出来るやき具合。
トスカーナの人に肉を料理してもらうと、何かが違う・・・・。
たとえそれが挽肉であっても、他所とは違う旨さをひきだしてくれるのだ。
あれはなんなんだろうね??

c0222833_1833402.jpg


今度は山からおりてフィレンツェで、ビステッカを食しました。
5人で肉を2.5キロほど。
食べ切れるか自信がなかったのに、いざ食べ始めたら足りない位。
1人で1キロはいけたねーー、とあの時を皆で懐かしく振り返りました。


そして来年。
また一緒に、イタリアで牛豚を食べまくるか、もしくはトルコで羊を食べまくろうという話に。ええい、いっそのこと両方???
などと、今年もまだ4ヶ月残っているのに気持ちは既に来年へ(笑)

妄想が明日への原動力です。

雑貨屋nicoさん
西宮にある素敵な隠れ家のようなお店です。
今日までイタリアの企画展でした。お疲れ様。

今日のブログに楽しかったお肉の思い出写真が。

お姫様抱っこなのはツッコミいれないこと(笑)
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-26 18:40 | 2012年春イタリア滞在記 | Comments(0)

夏のイル・ピスタッキオ

c0222833_19243738.jpg



大阪に来ているのにすっかりご無沙汰してしまった、イル・ピスタッキオへいってきました~。
えなりくんをつれてきました。

シェフとは2月にお会いしたきりだったえなりくん。当然、イル・ピスタッキオも初めてでかなりたのしみにしておでかけしました。


シェフもあいかわらず精力的でお元気そう。
おいし~お料理を堪能してきました。
食べるのに夢中で写真はほとんどとってないんですが。。。。




お酒もすすみ、スプマンテグラス2杯、白ワイン2本、パッシート2杯、グラッパ2杯と、だいぶ飲み散らかしてきました。冬の我が家での3泊4日のホームステイで、我々、酒豪夫婦と認識された模様で、なんだかたくさんお酒のサービスをいただいちゃいました。シェフ、ありがとうございます。というか、スミマセン。

えなりくんも、お魚づくしのイタリア料理もとい、シチリア料理に超ゴキゲン。


久々のイル・ピスタッキオ、いろんな意味でムフフフフ~~~♪な夜でした。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-21 12:08 | 大阪暮らし | Comments(0)

王道は・・・・

昨日は思い切ってアホな事を書いてしまったのですが、

c0222833_153597.jpg


毎日ダジャレを考えて一人でクククと笑っていると思われたらこまるのでちゃんとしたお話。
ワタシハノグチサンジャアリマセン

c0222833_15351286.jpg


本格的にトルコ語を始めて2ヶ月。鬼テキストのおかげで暗記済みの単語はざっと数えただけで500はゆうに超えた。(わざわざ数えてみたヒマな私)

そんな中で語呂合わせで覚えたのはわずか数パーセントなので、対したウェイトは占めてないのです。

一番いい覚え方は何度も聞くこと。

 イタリア語の時もそうだったが、一番手っ取り早く単語を覚えるのは、リスニングしながら、会話を丸暗記することだ。聞き取れるまで何十回もCDを聞きながら、目でテキストを追う(文法の疑問点、は事前に解決し、訳文は先に頭にいれておく)。
 その日はわからないまま終わっても、2~3日おんなじ作業を繰り返すと、わからなかったのがウソのようにその会話文の聞き取りができるようになっているので、この作戦はお勧め。


聞き取れるようになってきたら、こんどはシャドーウィングすると、口も慣れてくる。
その言葉独特のリズムや韻があるので、耳と口の下地ができれば単語を覚えるペースは上がってくる。

文法は骨、語彙力は肉。
トルコ語教室では、先生に骨作りを手伝ってもらっている。一度できた骨に肉をつけていくのが、1人でもできること。
なので、今は語彙力を増やすのに時間を割くようにしている。
 
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-20 15:14 | トルコ語 | Comments(0)

トル単暗記法

c0222833_154924.jpg

 

楽しいトルコ料理教室のあとで(しかもビール飲んじゃった)、トルコ語教室でした。

テキストはアンカラ大学の付属の語学学校のものを使っています。
アンカラ大学はトルコの東大みたいなものなので、その付属の語学学校もレベルが高い。
そんなわけでテキストも、1ページにつき、新出単語が多い時で20個くらいは平気で出てくる。
調べるの大変。オニ~~~~~~。


事前に先生にも「ビシバシやってください」とお願いしてあるので、予習復習をしないと、授業中「????????????????」ワールドに突入してしまうので毎回必死。
(私は完全プライベートレッスンに通っているので、予習復習していないとすぐにバレるのだ)
 
出てきた単語は全部覚えてから次のレッスンに望むのが暗黙のルールとなっている。

でも、そうそう一発で覚えられるもんでもない。
そんな時に役立つのが

語呂合わせ

受験生の王道ですな。
古文単語なんかは、マドンナ古文でお世話になりました。
しかし、トルコ語に単語語呂合わせ本なんて出版されていないので(それでなくても、トルコ語の学習テキストは少ない)、自分で作って覚えるしかない。

私、そうじゃなくても、昔から語呂合わせ作るのがスキ。
高校生の頃は、菓子パン1個で買収されて、友達に自作の世界史B語呂合わせ暗記ノートをコピーさせてあげたものだ。友人の間ではとても重宝された暗記ノートだった。
年号だけではなく、人物とその偉業をセットで覚える技など、かなり傑作に近い暗記方法の数々を収録したあのノート、既に存在しないと思われるが、あれがあればきっと今頃「真夏の世界史B 楽々暗記」とかいう名前の参考書が出版されていたかもしれない。今頃、年収数億円の売れっ子予備校講師になっていたかもしれないと思うと、あのノートを失ったのは実に残念である。

そんな詮無い事をいっても仕方がない。
予備校講師になれなかった現在、何やら必死でトルコ語単語を暗記しなかればいけない状況になっている。
昔取った杵柄で、セコセコとトル単語呂合わせに勤しんでいる。

ココで私の傑作集を皆様に披露。(だれもトルコ語興味ないって・・・・)

■Kalkmak(カルクマック;起きるの原形)

朝起きて、軽くマック。(寝起きに朝マックを食べるイメージで。朝からマックは軽く無いじゃん、という突っ込みでこの単語が印象に残る!)

■Geziyor(ゲジヨール;GEZMEK(散歩する)の三人称単数)
ゲジゲジ夜散歩。

薄暗い中這いつくばるゲジゲジを想像しただけで、もーー、キモチワルッ。忘れられません。

■yatmak(ヤトマック;横になる・寝る・休むの原形)
やっと枕で横になる。

■oluyor(オルヨル:olmakの三単現)
これは文章にして覚えちゃう。
o evde oluyor エブデ オルヨル
家に居(お)るよー。 そのままσ(^_^;)



■izlemek(イズレメック; 注目する・見る)
(新人女優などをテレビで見ている設定で)
いずれ、芽が出るだろうと注目する。



■yabancı(ヤーバンチュ;外国人)
外国人は野蛮人。

*ちょっと問題フレーズ!?南蛮人なんて言葉、日本にありますからね・・・。

■okul (オクル;学校)
学校に送る。

■masal,manav (マサル=話、マナヴ=八百屋)
勝(マサル)の話では、学(マナブ)は八百屋になったそうだ。

*へえー、あの学がねぇ・・・というニュアンスで覚える。
これを学ぶの話では・・・と逆に覚えちゃうとタイヘンなことになるので注意。


■halı (ハル;じゅうたん)
トルコ絨毯は値が張る。 *事実です。


!ご注意!
語呂合わせはあくまで思い出すきっかけ。正しい発音と、動詞は時制・人称によって活用が必要なのでそれらは地道に覚えなければいけません。



さて、君は何個覚えたかな?????

好評だったら、第2弾があるかも???
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-19 14:54 | トルコ語 | Comments(2)

うみーーー

c0222833_12172974.jpg


和歌山で、那智山詣でなども楽しんできたが、夏はやっぱり海。

旅行の前半はお天気が悪くて海水浴は諦めていたが、帰り道、素晴らしく晴れ上がったときにこじんまりとした海水浴場を通りかかる。

小一時間ほどの海水浴。

私も主人もいわき育ち。海水浴といえばいわき七浜と決まっていた。今は警戒区域となってしまった浜にもよく連れて行ってもらった。

福島県沿岸はサーファーが多く集う海なだけあり、波は常に高く激しい。
海水浴とは波に立ち向かって行くものだと思って育った。

おまけに東北の海だから水は冷たい。
ついでにいうと、浜なのでヤンキー軍団がたっくさんたむろっておりちょっと風紀がよろしくない。
子供のころは 海水浴は楽しい反面、一種の苦行でもあった。

水温が高くて波のない穏やかな海が日本にあると知ったのは、20代も半ば、日本海に足を伸ばした時のことだった。

この小さい浜も、穏やかな温かい海で、久しぶりに海を楽しんだ。
(ただし、現地で津波避難情報の収集は欠かさなかった)

震災から間もなく1年半。
故郷のいわき七浜で、海開きができたのは勿来海水浴場だけである。

波が冷たくても荒くてもいい。
また故郷の海で海水浴が出来る日が戻ってきて欲しいと切に思う。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-18 11:57 | 旅行 | Comments(2)

残暑お見舞い申し上げます

c0222833_12352517.jpg


お盆期間中、紀伊半島へ旅行に行きました。
山と海、風が抜けて気持ちが良くリフレッシュされたつもりでしたが、大阪に戻ると盆前より暑くなっておりました。

皆様もご自愛下さいませ。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-17 12:26 | Comments(0)

マントゥ 3本勝負

c0222833_18125156.jpg




トルコに実際に行くまで、トルコ料理の基礎を押さえておこうと思い、東京や大阪のトルコ人のシェフや私のトルコ語の先生などをハシゴしながらチョイチョイと教わっています。トルコ料理を定期的に教えてくれるところはとても少なく、毎回先生探しは大変です。どこかでトルコ料理教室があるたびにあちらこちらで駆け回っています。

3回連続で、3人の先生から同じ料理を習いました。

トルコ人がみんなダイスキなマントゥ。

マントゥの名前の響きからして、想像がつきますね。

饅頭。

よく、トルコ風水餃子とか、トルコ風ラビオリといわれていますが、マントゥはとってもちっちゃい。
イタリア料理にあるトルテッリーニ並か、それ以下の大きさ。
c0222833_1835649.jpg


ちまちまと小さいマントゥを包んでいると、ラビオリを作るのが大変だとか言ってはいけないなと思う。

 
 
c0222833_18124625.jpg



めちゃ小さいです。
これは、トルコ大使館のシェフによる料理教室でつくったマントゥ。
BSでやっている番組、「大使の食卓」よろしく、マントゥの具に、何種類もの野菜やハーブを刻んで混ぜ込んで作ってあるのでとても手が込んでいる。



味付けは、にんにくヨーグルトソースに溶かしバターをたっぷり(汗)
でもこれが衝撃的なおいしさだった・・・・・・。



c0222833_1812465.jpg



こちらは、私のトルコ語の先生に教わったもの。
うちの先生は男性ですが、アンネ(トルコ語でお母さん)から教わった料理のいくつかを教えてくれます。
具は牛肉とたまねぎだけ。大使館のシェフのに比べると、シンプルで家庭料理の感が強くでています。
新聞の上でマントゥ作るのがトルコのお家っぽいんだそうです、先生曰く。

c0222833_1835790.jpg


生地はユニークで、イーストで発酵させた生地を使用。ムチムチ感がある。
でも、これもたまねぎだけとは思えない美味しさ。
唐辛子ペースト入りのトマトソースとヨーグルトソースのWソースで。
これも病み付きになるくらい恐ろしくおいしいマントゥで、いやしくも2回もお代わりをしてしまった。


対するイタリアのトルテッリーニは、伝統的な作り方だとお肉を3種類にモルタデッラをひいたもの、パルミジャーノ・・・・と入れるものが多く、作っている段階から、生唾ゴクリの美味しさ保証のリピエノである。
それに慣れている私としては、牛ひき肉に玉ねぎ、塩コショウだけの詰め物はシンプルすぎて味がしないんじゃないかと心配になる。パルミジャーノを入れないなんて・・・・と、ボローニャのマンマの引きつった顔が浮かんできてしまう。

しかし、肉のストレート感が直に伝わるマントゥは、トルテッリーニの繊細さとはベクトルが違う美味しさなのだ。
これに限ったことではないが、イタリア料理とトルコ料理を比べた時に、トルコ料理とはインテグラルなイタリア料理だと思えるものが多々ある。

c0222833_18124854.jpg


こっちは、大阪、心斎橋のトルコ料理レストランのシェフのお料理。
ちょっと変り種で、鶏のひき肉で作るマントゥ。スパイス使いがトルコらしい。
フレッシュトマトのソースとヨーグルトのWソースで。

トルコはイスラム圏なので、料理に使う肉は羊が一番で次に牛がくる。そして、それとは別ジャンルで家禽類。日本では、羊肉がなかなか手に入らないため、日本では牛肉でマントゥを作ることが多いそう。
鶏ひき肉のマントゥはシェフのオリジナル。




手が込んだものは美味しい。
ちまちまマントゥを包む作業は気が遠くなるができたときの達成感と、口に運んだときの至福感を思えば当然の代償だ。
しかし、作業中の沈黙加減と時折漏れるため息の回数はラビオリの比ではないので、いつかマントゥ教室をやる日が楽しみでもあり、怖くもある。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-10 18:38 | トルコ | Comments(6)

ルッコラのパスタ

c0222833_18445220.jpg



あれ、うちのセンセー毎日トルコの話ばっかりで、本業のイタリア料理はどこへ行っちゃったのかしらんとおもってますね、生徒の皆様。




大丈夫です。
9月からの教室に向けて、せっせと試作に励んでおります。
夏休み暇なもんだから、来年3月までのメニュー作りも終わらせてしまいました。
まあ、メニューが決まっただけで、試作はゼーーンブこれからなんですけどねーー( ̄▽ ̄)

9月は爽やかにルッコラでパスタを作ります。
火入れも少なくて済むから簡単、楽チンパスタですよ。

本当はこれ、オレッキエッテと合わせたかったのだけど、7月も手打ちパスタだったし、2回連続で手打ちパスタだったらみんな、嫌よね????
と、生徒様の無言の圧力を感じ、乾燥パスタでレッスンしたいと思っています。
余力のある方は手打ちパスタでお試しくださいねーー。



●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳
 ╋╋╋      9月の料理教室の空き情報はこちらから。
 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
[PR]
by buonaforchetta2 | 2012-08-09 09:14 | 郡山の料理教室 | Comments(0)