<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プライベートケータリング

以前のブログに登場したイクメン予備軍のT君のところに赤ちゃんが生まれたので、お祝いパーティをすべく、ケータリングで押しかけました。

料理なに食べたい?と聞いたら「野菜いっぱい」とな。
肩透かしなリクエストながら野菜料理を中心にいろいろ作って持って行きました。

c0222833_1846126.jpg


サーモンと野菜のテリーヌ
柑橘類とシラスのサラダ

四角いお皿は紙皿。
お片付けラクになるように、でもおしゃれに・・・という時にスクエア紙皿便利です。

c0222833_18461388.jpg


バーニャカウダ
ポットも持参です。

c0222833_18461319.jpg


マグナムの高級赤ワインが進むわ〜。
他、白ワイン、日本酒も空けております。

c0222833_18461451.jpg


メインはサルトゥ。
お宅のオーブンをお借りして焼き上げます。
作って持って行くにはサルトゥは便利。
リゾットの中にぜーんぶ詰まっていますからね。
1年ぶりのサルトゥ美味しかったです。


他、鳥料理とケーキも持って行きました。
T君特製のほぼ生肉のローストビーフも絶品でしたw



c0222833_18461586.jpg


宴の合間。
イケメン・・・じゃなくて、イクメン二人ががんばってミルクタイムしていました。
ウチの息子におっかなびっくりだったT君、鼻高々で赤ちゃんのお世話していました。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-12-31 18:45 | Comments(0)

仕事納め&忘年会&お祝い

c0222833_14195615.jpg


27日にて今年の料理教室無事終了。
仕事納めと相成りました。

今年もたくさんの生徒さんにお越しいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

27日は月一開催の夜の部レッスン。
お酒好きのお仲間が集まってのレッスンです。

c0222833_14195519.jpg

この日はいつも息子の面倒を見てくださるシッターさん親子や私の夫も加わり、
大人9人+子供1人+0歳児2人
と総勢12人の大所帯。


c0222833_14195411.jpg

いつものレッスンメニューに加えて、持ち寄りのおつまみ類もてんこ盛りです。




c0222833_14195621.jpg



今月お誕生日の方やご入籍間近の方もあり、お祝いケーキが華やかに並びました。
私のタルタ・デ・デンティアゴも奥にひっそりいます(笑)

飲んで食べて喋って楽しい一晩でした。

が、この日は年末の土曜日。
タクシー&代行が2時間待ち( ;´Д`)

年末の飲み歩きは待ち時間を考慮して飲んだ方が良いですね。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-12-29 14:19 | Comments(0)

初めてのクリスマス

auguri!

クリスマスですね。

c0222833_106764.jpg


クリスマスケーキをまだ食べられない息子用にフルーツパフェをこしらえました。

イチゴ、バナナ、みかん、赤ちゃんせんべい(市販)、赤ちゃんカスタードを適当に盛り付け。
食べる前に、フルーツの酸味を飛ばすためにレンジでチン。

《赤ちゃんカスタード》

卵黄1個
薄力粉 10g
粉ミルク 180cc

ボールの中で卵黄と薄力粉をよく混ぜて、熱々ミルクを加える。
これを火にかけてとろみを出す。

冷めると固くなるので適当にミルクでのばす。

※卵・小麦アレルギー注意。

c0222833_106859.jpg


いつものお昼ご飯に加えて、パフェも完食。
大食い赤ちゃんです。


c0222833_106971.jpg


サンタさんも来てくれました。
プレゼントはなにかな?
よかったねぇ
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-12-25 09:51 | Comments(0)

折り返し

c0222833_2229595.jpg


12月の料理教室も折り返し地点。
12月は実質稼働できる日が少ないので、クリスマスまでは週6ペースでレッスン中。
週6って。
息子が人見知りしない子でたすかったよ、ほんと。
知らない人が来るたびに。パニックになられたらこちとら商売になりませんからね。


さて、
今月はイタリア料理はお休みで、スペイン料理をご紹介しています。
初めてのスペイン料理レッスンだったので、ドキドキでしたが、簡単で美味しいと好評。

美味しい物は国境を問わず。

後半にご参加の皆様もどうぞお楽しみに~。

写真は今月のドルチェ。
アーモンドをたっぷり使ったケーキです。
スペインで3客だけ買ったデミタスカップもお目見えです。

ちょっとスペイン気分になれるかな~?

そんなスペイン料理レッスン第一弾、

12月20日  1名様

空きができました。
どなたかぜひ~~~。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-12-15 22:28 | 料理教室 | Comments(0)

イタリアの離乳食


c0222833_1544482.jpg


赤ちゃんが生まれる前に出かけた温泉で見つけた、子ども用の半纏。
まだ見ぬ我が子でしたが、間違いなく田舎っぺな顔立ちで生まれてくると確信していたので(オイ!)、
迷わずこのチャンチャンコを買っておきました。

ご覧の通り、期待を裏切らない、田舎っペぶり炸裂のお似合い加減。

思わず、与作!!て呼びたくなります。

c0222833_1544558.jpg


そんな田舎っぺ与作ですが、母ちゃんの仕事に興味しんしんで、レッスンに混ざっては手打ちパスタの習得に
励む日々です。

さて本題。
田舎っぺにイタリアンなご飯を早く食べさせたくて、イタリアの子育て中のマンマのお友達にイタリアの離乳食について聞いてみました。

彼女のメールによると

「6カ月からまずは裏ごしした野菜類と極小パスタからスタート。
オリーブオイルは7カ月くらいからごくごく少量を使う。

パルミジャーノは8カ月くらいから。塩気が強いからあくまでも少量をパスタに入れる程度で。
1歳を過ぎたら普通に食べてOK。

たんぱく質については、6カ月から、鶏肉もしくは肉(←なんの???)の茹でて裏ごししたものからスタート。
7~8カ月から魚も食べても大丈夫。

日本では最初にお米を食べさせるみたいだけれど、イタリアではパスタに慣れてきた7カ月くらいからお米のペースト(いわゆる潰し粥?)をあげるわ。」
とのこと。

離乳食って、きっと各国の食文化・食事情で大きくかわるのだと思う。

日本は米が主食で魚食の国なので離乳食のいの一番にお米がでてきて、蛋白源は白身の魚が推奨されている。あ、蛋白源は豆腐もか。

肉文化・パスタ文化のイタリア人にとってはきっと、身近にあるこれらの食材が離乳食のトップに来るのだろう。

日本の離乳食の手引きによると、パスタは9カ月以降が望ましいとのこと。
理由は、小麦をつかっているのでアレルギーを配慮して、それと、うどんやそうめんに比べると固いから、らしい。

これを理由づけした人ってきっと何十年も昔のパスタ=マカロニ、みたいな時代に、世の中に極小の粒粒パスタや、カペッリーニみたいな極細パスタの存在を知られていたなかったことでこんな風なガイドラインができて今に至っているのかなーと思う。

小麦アレルギーを心配するならパンやうどんも対象になるし、カペッリーニなんかは、ヘタなそうめんやうどんよりよっぽど細くて柔らかく茹でられると思うから。

まあ、身近にない食べ物をわざわざ買ってきて離乳食で与える事はナンセンスだから、日本のガイドラインはこれでいいと思う。ケチつけたわけじゃないのよ。

要は、
アレルギーと薄味に気をつけて、赤ちゃんが食べやすい状態に調理したものなら、あまり神経質にならずにいろんなものをたべさせてもいいんだなーと、イタリア人のお友達のメールの内容から思った次第でした。


とかいいつつ、うちの与作にはまだパスタは食べさせたことないのですが。

だけど、パルミジャーノは塩代わりにほんのちょっと、リゾット風のご飯の時に混ぜています♪(まだ8カ月じゃないけど)
心なしか、食い付きがいいように思います。

オリーブオイルも一度だけ、野菜のスープに一滴たらしてみましたが、普通に食べてました。


イタリア以外の離乳食文化も気になるところです。
今度は、トルコ人のお友達にも調査をかけてみようと思います。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-12-13 15:43 | こども | Comments(0)

離乳食日記 7ヶ月

c0222833_15445364.jpg


離乳食を生後5カ月半からスタートしましたので、2ヶ月半経過したことになります。

ほんの2~3週間前までは、こんなドロドロ系を食べていたのですが


c0222833_12531729.jpg


けっこう固形の食べ物もしっかり食べるようになりました。


離乳食の食材は、季節の食材と、更に一番影響されるのがその月に使う料理教室の材料に左右されること多し・・

10月→ かぼちゃ、じゃがいも
11月→じゃがいも、洋ナシ
12月→パプリカ、鯛

レッスンの食材の余りもので細々と食いつないでいる息子です
ごめんよ。

しかし、ご飯をこれでもかと食べるので、一時、ミルクを全然飲まなくなって焦りました。
水分補給は麦茶で補えたのですが、しっかりご飯を食べるからと言って、7~8カ月の赤ちゃんの栄養の7割はミルクや母乳で補う時期らしく、全然飲まないのは問題。

ミルク飲ませたいからと言って、離乳食を減らすのでは本末転倒な気もしたので、離乳食にミルクをいっぱいつかったメニューを投入してみました。

c0222833_12531893.jpg


上:鮭と白菜・じゃがいもいりのシチュー
粉ミルク 30cc分摂取可能。

みじん切りの白菜、じゃがいも、鮭を柔らかくなるまで煮て、粉ミルクを加え、適度に片栗粉でとろみ付け。


下:赤ちゃんパンナコッタ バナナのせ
1回分で60cc分摂取可能。

ミルク240ccを熱湯で作り、ゼラチン5gを溶かしこみ冷やして固める。

注意:
食べる前に常温にしておく。
ゼラチンはアレルギー食材なので、初めて食べさせるときは注意して。


離乳食後は100ccのミルクを飲ませたいので、上記メニューで90cc摂取。
いい感じにねじ込みました。
しかも食い付きがよかったので、私の達成感ハンパないw

ミルク拒否は数日で解除されましたので、一安心ですが、けっこう思い付いたミルクぶち込みメニュー多数。
また拒否されたら、新メニューを投入してみよう。

離乳食に関しては順調ですが、たまにはこんな課題があると、ちょっと燃えます♪

ま、、、、、本当に苦労してるママがこんなブログみたらぶち切れらると思うので先に謝っておきます。


すみません( ;´Д`)


さっき書いたさすけねえは使い方間違った(汗)
[PR]
by buonaforchetta2 | 2014-12-12 21:41 | こども | Comments(0)