<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

野球観戦

c0222833_1532663.jpg


昨日は家族で、楽天VSオリックスの試合を地元、郡山の球場にて観戦。
年1回のイベントです。

去年も行きたかったのだけど、生後2カ月の赤ちゃんがいたので、泣く泣くテレビ観戦した記憶が。

1歳チョイになったので、今回は思い切ってつれていってみました。

始まる前のお楽しみ。
世界のビールと肉祭りフェアでとりあえず腹ごしらえ。

c0222833_1532614.jpg


雨もパラパラふって心配だったのですが、始球式のころには大きな虹が出て、よいコンディションで観戦できました。

何が嬉しいって、自分たちの地域に野球チームがあるってこと。
楽天ができるまでは、みんなが共通で応援する野球チームがなかったので、クラスでもみんなバラバラの球団を応援していました。
ちなみに私は小学生の時、ヤクルトを応援してました。理由は池田(ぶんぶん丸)がかっこいいからと、ヤクルトを定期購入していたから。
昨日もたくさんの子供たちが一丸となって楽天を応援しているのをみて、私が子供の時もチームがあったらよかったのになと思ってしまいました。
 楽天が球団を作って、しかも「仙台」じゃなくて「東北」とチーム名に入れてくれて本当にうれしい。
ライブ○アじゃなくてほんとよかった~と、しみじみ思ってしまうのでした。

c0222833_15265244.jpg




息子も、野球はわからないけど、雰囲気は楽しいみたいで応援の拍手が周囲でおこると一緒に、手をたたいたり、打ち上げ花火をじっと見たりと、彼なりに楽しんでいるみたいでした。

息子用に買った、選手プロデュース弁当。則本の海苔弁(笑)
最近海苔が好きなのと、唐揚げ入っているのでチョイス。
唐揚げ持たせておけば30分は静かにしゃぶっているので助かります(笑)

イタリア滞在中にこそっと卒乳(粉ミルク)したので、もう離乳食っては言わないのかな?
普段は味付けを薄めにしていますが、大人とおんなじものを食べられるようになったので、外出時は助かります。




試合はまけちゃったけど、楽しいじかんでした。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-24 15:26 | 日常 | Comments(0)

ズッキーニのお花

c0222833_7174771.jpg



今月のレッスンは、前菜にズッキーニの花のフリットをご用意しております。
今年知り合った県内の農家さんが栽培されているとのことで、長年の夢だったズッキーニの花をレッスンでお出しすることができました。

県内とはいえ、ちょっと離れているので毎度クール便で送ってもらっているのでちょっと送料が(涙)なのですが、皆さんにも一度は食べていただきたい!!
クロネコヤマトさんをせきたてて、レッスン前に花が届くよう毎回荷物を受け取るのに玄関に張り付いています(笑(

天の恵みの農産物ゆえ、雄花・雌花のどちらかが届くかはその時次第。

c0222833_7174691.jpg


雄花のほうが花振りはいいのでチーズがたっぷりつめられますが、雌花はまだ柔らかくてちょっと青臭い果肉もフリットでいただけるので2倍楽しめます。

それぞれにおいしさがあるので、どちらが当たるかはレッスン当日までのお楽しみに~。

c0222833_7174595.jpg


丸いズッキーニのお花を送っていただいたときがあって、こちらはこんなお料理に。

c0222833_7174660.jpg


ズッキーニの卵とじスープ。

c0222833_7174415.jpg


ナポリのマリーサに今回教わった料理です。
地味~~な感じなのですが、食べるとズッキーニのうまみが存分にでています。
若いズッキーニ特有の青臭さを一緒に入れた卵がうまく調和している感じ・・・・・。
かき卵といっても、日本と違って、卵をうんと細かくなるまで混ぜ続けるのがポイント。
それが全体の調和につながっているのかもしれない。

イタリア料理でたまにこういう地味なスープをいただく機会があるのですが、期待しないで食べると(ゴメンネ!!)、予想を裏切られて、忘れられない味になることが多々あるのです。
それがイタリア料理の楽しさなのかもしれません。


マリーサに教わったズッキーニのスープは、大きなズッキーニじゃなくてなり始めの小さいズッキーニでやったほうが絶対おいしい。。
今回手に入ってよかったし、同じ味を再現できて、私も満足。
こういうのを再現できるとちょっと自信になります。

また小さいズッキーニの入荷も楽しみにしている今月のレッスンです。

さて、お花が食べられるのはあと
6月26日 1席となっております。

よろしければ駆け込みを~~。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-18 07:29 | 料理教室 | Comments(0)

7月空き状況

あ~、バタバタしていて更新がすっかり滞っていました。
7月の空き状況UPいたします。

ご確認くださいませ。
お申込みおまちしておりま~す。

c0222833_7625.jpg


■リボルノ風サラダ
夏に嬉しい野菜たっぷりのアンチョビがアクセントのボリュームサラダです。
■生シラスのフリット
卵で和えたシラスをオリーブオイルで焼き上げます。ふわふわの食感が病みつきです。
■ジェノベーゼのラザーニャ
バジルペーストの本場、ジェノバで学んだ変わり種のさっぱりとしたラザニアです。
基本のバジルペーストの作り方からやります。
■アマレッティの冷たいドルチェ
アーモンドの焼き菓子と冷たいチョコレートクリームを合せた夏向けのドルチェです。

<日程>
7月8日(水) 満席
7月9日(木) 満席
7月10日(金) 満席
7月12日(日) 満席
7月14日(火) 満席
7月15日(水) 満席
7月17日(金) 残席1
7月19日(日) 満席
7月20日(月・祝) 満席
7月22日(水) 満席
7月25日(土) 満席
7月27日(月) 残席1
7月29日(水) 満席
8月2日(日) 満席
すべて11時~14時
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-18 07:05 | 料理教室日程 | Comments(0)

7月レッスンのご案内

c0222833_2134398.jpg



今ほど、皆様に7月のレッスンのご案内をお送りさせていただきました。
イタリアから仕入れたばかりのメニューもいくつか入れました。

ぜひ、夏のイタリア料理をお楽しみに~~。

お申込みお待ちしています。



■リボルノ風サラダ
夏に嬉しい野菜たっぷりのアンチョビがアクセントのボリュームサラダです。
■生シラスのフリット
卵で和えたシラスをオリーブオイルで焼き上げます。ふわふわの食感が病みつきです。
■ジェノベーゼのラザーニャ
バジルペーストの本場、ジェノバで学んだ変わり種のさっぱりとしたラザニアです。
基本のバジルペーストの作り方からやります。
■アマレッティの冷たいドルチェ
アーモンドの焼き菓子と冷たいチョコレートクリームを合せた夏向けのドルチェです。

<日程>
7月8日(水)
7月9日(木)
7月10日(金)
7月12日(日)
7月14日(火)
7月15日(水)
7月17日(金)
7月19日(日)
7月20日(月・祝)
7月22日(水)
7月25日(土)
7月27日(月)
7月29日(水)
すべて11時~14時

*基本的にレッスン時は子供はシッターさんか家族にみてもらうよう手配しておりますが、急な事情により都合がつかない可能性もあります。その際は、レッスン中子供同伴となってしまいますが予めご了承いただきますようよろしくお願いします。
*お申し込み後、お返事に4日ほどお時間いただく場合がございますので予めご了承くださいませ。
*また、ご予約に際しまして、ご予定に余裕がありましたら、第2希望まで書いていただけるとご予約がスムーズです。
*ご予約後のキャンセルにつきましては、ご予約日の3日前から前日までは半額、当日は全額のキャンセル料を頂戴しております。食材等の事前発注を行っておりますため、やむをえずのお願いですご理解のほどよろしくお願いします
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-07 21:38 | 料理教室 | Comments(0)

すごいぞ!ビストロ!

c0222833_15254288.jpg


昨日は東京へパナソニックビストロオーブンの研修会に参加してきました。
発売前のビストロを使って、あれこれお料理。

こちら、今度の体験教室で実習する魚介の蒸しサラダの調理前です。

出来上がりが当日のお楽しみに。

c0222833_15254269.jpg


私もこの13年オープンと言えばビストロを愛飲をしてきました。
ヘビーなビストロユーザーと自負していたのですが、今回の講習会を受けて昨日の半分も使っていなかったことに愕然。

さらに新しいビストロはグリル機能や自動調理メニューが充実。
辻調監修のレシピBOOKも圧巻です。
個人的にも新しいビストロの到着が楽しみでなりません。
そんな高性能の新機種ビストロの体験教室、各日ともお席ございます。
ぜひこの機会に便利さを体験して
みてはいかがでしょうか?
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-06 15:17 | 料理教室 | Comments(0)

イタリア滞在記12 イタリアチャオチャオ

c0222833_1683643.jpg


イタリア最終日。
フライトは昼すぎなので、朝は少しだけじかんがありました。

最終日だから早起きしてお散歩。
ひとだらけのダビデも朝早いと独り占め。


c0222833_1683750.jpg


アパート近くのサンタクローチェ教会まであしをのばしました。
朝日を浴びて佇むかわいい教会。
フィレンツェの中の好きな教会のひとつです。


c0222833_1683846.jpg


サンタクローチェ教会となりの、現代風のバールで朝ごはん。
この旅で、クリーム入りのコルネットを1回も食べてなかったので、最後に食べ納め。
カプチーノもイタリアにしてはおしゃれ。

流行っているバールでした。

c0222833_1683992.jpg


1/3食べてもこの大きさ。
毎日こんなコルネット食べていたら太るわ~~。

c0222833_1684024.jpg


後ろ髪惹かれるお菓子も多々あるけれど、太る前にかえりましょ。

c0222833_1684056.jpg


フィレンツェ→ローマまでのフライトは小一時間ほど。
軽くこなして、東京行きに乗り換えます。

ローマ・フィウミチーノ空港の国際線ターミナルが工事中らしく、国内線ターミナル内での乗り換えでした。
ターミナル移動がないので、国内線ターミナルでゆっくりすごせました。

最後は軽く泡で〆。
これでイタリアホントにおしまい。

息子が2歳になる前にもう一度行きたいな・・・・・。

END

あとは、子連れ旅のことなど、ボチボチアップする予定です。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-06 15:02 | イタリア滞在記2015 | Comments(0)

イタリア滞在記11  ビステッカランチ

c0222833_1664143.jpg


この旅、最初で最後の外食です。
張り切って、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを食します。

まずはキャンティでかんぱーい。
てか、ナポリを出てからキャンティしか飲んでいないけど。

c0222833_1664244.jpg


お肉。
1.1キロです。

c0222833_1664388.jpg


焼ける間にちょっとだけプリモを。
奥のパッパ・アル・ポモドーロは息子用に。
トマトのパン粥なのですが、自分で作るとこうは美味しく出来ないのよね・・・・。
唸る美味しさです。

当然息子もがっついていました。

c0222833_1664482.jpg


息子用のセコンド。
メニューにはポルペッティーネって書いてあったので、小さいミートボールを想像していたのですが、息子のこぶしよりデカイこのポルペッティーネ。
牛100%の肉肉しい美味しさ。
付け合わせのパターテのトロトロ加減も最高でした。

c0222833_1664451.jpg


にゃん。
ビステッカ焼けた~~~。
ここ数年、何度も夢にみたビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ。



うまいど~~~~。
1歳児にはこの美味さ、わかるまい。

自分の分をさっさと食べた息子は飽き飽きモードへ・・・・。
姐さんと交代で息子をお外へ連れ出して、その間にもう一方がビステッカを食べます。

そんな慌ただしい食事だけど、それでも幸せ。

子連れのメンドクサイ旅行についてきてくれた姉さんにも改めて感謝の念が生まれます。


c0222833_1664576.jpg


お腹一杯だけどドルチェも少々。
リンゴのトルタ。
ういろうのようなねちっとしたゆるい生地を絶妙に焼きあげています。
自分でやると難しいのよね、この手の生地。

c0222833_1664621.jpg



は~。何から何まで美味しいここのお店。
フィレンツェに来たら必ず寄るお店です。

c0222833_1664728.jpg


食べ終わると外は雨。
フィレンツェにパラソルの花が咲きます。
我々は膨れたお腹をアパートのベッドに横たえ、雨でも浮かれて行きかうパラソルを眺めます。

c0222833_1664770.jpg


とはいえ、残り少ないフィレンツェ滞在。
雨の引いた夕方に少しだけ、お散歩。

イノシシのお鼻なでるとまたフィレンツェにもどってこれるというけれど、鼻をさするよりも、家帰ってからパパをうんと拝み倒した方がご利益ありそうだなとおもう。

会社でヒマこいて、私のブログをみているそこの心の広い太っ腹の旦那さん。
また来年、快く我々を送り出してくださいね。

c0222833_166488.jpg



夜はやっぱりお部屋で。
近くのお店でテイクアウトしたお惣菜と、昼のお店でお土産用に作ってもらった肉料理。

c0222833_14435017.jpg


息子のご飯は、昼のご飯の残りをドギーバックにして。
容れ物は、フィラデルフィアのクリームチーズ。
これ、密閉性あるし、要らなくなったら捨てられるし便利w
この旅で大活躍でした。

c0222833_14435144.jpg


ラストナイトなので、またしこたまワイン飲んじゃった。
もう、楽しかったイタリア滞在もおしまいです。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-04 19:23 | イタリア滞在記2015 | Comments(0)

イタリア滞在記10 フィレンツェお散歩

c0222833_22405798.jpg



前の日はすっかりフィレンツェの人の多さにぐったりしてしまったけど、今日はよく寝て英気を養ったので朝から元気にお出かけです。

ドゥオーモにご挨拶。

c0222833_164842.jpg


で、中央市場にお買い物。
て、お~~い。

1歳とはいえ、男ですので女の買いものに付き合う気はないようで、スタスタどっかへいってしまう息子。
買い物もおちおちできないよ。

c0222833_164124.jpg


数ある試食の中から、息子がうんと気にったスカモルツァ・アフミカータ。
燻製のソフトチーズです。
こんなの好きなんて、あんた、酒飲みになるよう。

息子がスカモルツァを馬鹿食いしている間に(あとで、お買い上げしました)、ちゃちゃっとお買い物。
もっといろいろ買いたかったのですが、必要最低限のチーズなどをかっておしまい。

帰国してから買いたかったものを思い出すというお粗末ぶり。
まあ、子連れはこんなもんか。


c0222833_164924.jpg



とかいいつつ、姐さんとふたり、けっこう買いこみました。
この荷物。
スーツケース入るかな??

c0222833_1641040.jpg


子どもにも楽しいこと見つけてあげないと。
独立広場に常設してあるメリーゴーランド。

昔からここにあって、知ってはいたのですが我が子をのせる日が来ようとは。
子ども一人、1回1ユーロ。付添いの大人は無料という格安の料金設定。

息子はすっかりお気に入りで、2回目も激しく要求。

c0222833_22405999.jpg



ああ、でも目が回る。
3回目は勘弁よ。。。。。

c0222833_1641166.jpg


大道芸人でお茶を濁しつつ、散策終了。
おんぶしていたので気付かなかったのですが、息子は大道芸人には無反応だそうです。
ちょっと休憩してから、ランチです。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-04 15:59 | イタリア滞在記2015 | Comments(0)

イタリア滞在記9 花の都におののく田舎者

c0222833_1559950.jpg


楽しかったアレッツォ滞在も終わり。
フィレンツェへ移動。あと2泊3日でイタリアステイも終わりを告げます。

それにしてもこの荷物・・・・・。
スーツケースを転がして移動するのは1cmでも短く済ませたかったので、基本的に駅・空港から宿泊地まではタクシー移動でした。

アレッツォの駅はエレベーター完備なのでホーム移動もストレス少なくすみました。

c0222833_15591579.jpg


フィレンツェではいつも駅~ドゥーモ周辺のホテルに泊ることが多かったのですが、ヘタに駅近だとタクシーに乗せてもらえないと困るので、いつもはなかなか宿泊しないエリアに泊ることにしました。

シニョーリア広場の真横のアパートをお手軽価格で発見。
ここがアパートの入り口。
ベストロケーションのアパートにちょっとわくわくです。

c0222833_15591447.jpg


エレベーター。
せまっ!!!
間口が狭い上に、さらに内部が><の形に窪んでいて・・・・・。
14世紀の建物だからエレベーターあるだけで感謝ってものですが、さすがにこれはネタだ。


c0222833_15591070.jpg


お部屋はうんと広い!!
しかし、傾いている・・・・・。
窓から玄関にかけて、床に傾斜がついている。
チェックインしてから数時間は気持ち悪かった~~。

14世紀の建物ですからね、しょうがない。(え????)

c0222833_15591253.jpg


息子はこちらの暖房設備の部品いじりに夢中。
男の子だね。

c0222833_15591170.jpg


少し休憩してから、花の都、おフィレンツェ散策!
といきまいて、外へ。

ああ、人・人・人・・・・・・。
人が多すぎる。どこからこんなに???と言わんばかりのひとの山。

ナポリやアレッツォにいたからこの人の多さに3人辟易。
息子なんかは、あたりをきょろきょろして、渋谷駅に行った時の反応とおんなじでした。

息子にはフィレンツェ早かったかな。

お馬さんもこんなに立派だ・・・・。
田舎滞在になれてしまったので、久しぶりの花の都はまぶしすぎた。

すっかり人酔いしてしまったので、小一時間で散策終了。
近くの量り売りピザのお店で夕食を調達。

c0222833_22353092.jpg


ワイン1本入れて30ユーロちょい。
高い夕食。さすがフィレンツェ。

c0222833_1559883.jpg



息子は、アレッツォのレッスンで作った料理をお土産にしておいたものをレンジでチン。
アパートにレンジがあって助かりました。
君のご飯が一番おいしそう。

c0222833_15591335.jpg


しっかりご飯食べて、明日のラストデイに備えましょう。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-03 15:55 | イタリア滞在記2015 | Comments(0)

イタリア滞在記8 アパートで快適♪

アレッツォとこのあとのフィレンツェではアパートタイプのホテルを借りました。
ナポリはマリーサの家の隣のホテルだったので、何かあればマリーサのところに駆け込めばいいから問題ないとして、よそでは多少の水回りが欲しい。

流しはもちろん、食器洗い機、オーブンも完備。
完璧です。


c0222833_15484565.jpg


子連れ旅にはうんと助かります。
日本から持ってきたうどんを茹でて、湯煎であたためたカレーをかけてちゃちゃっと朝ごはん。
ホテルだとこんな簡単なことも出来ないですからね。

c0222833_15484527.jpg


子連れの外食は難しいかなとおもっていたので、簡単な料理を作れるようにという考えもあり、アパートを予約したのですが、実際のところ息子は時差ボケのせいか、夕方5~6時には眠くなってしまっていました。
読みがドンピシャでしたわ。
イタリアのレストラン、南だと8時過ぎ、北で7時過ぎじゃないと開かないところが多いので、外食はやっぱり無理でした。

そのため、お部屋で何か作るのを楽しみにしていたのですが、昼間のお出かけで疲れたりレッスンでお腹いっぱいということもあり、料理らしい料理はせず。

でも、野菜きったり、チーズ切ったり、お皿もあるのでちょっとしたおつまみの準備はしました。

c0222833_15484634.jpg


息子を寝かせた後、この日は二人で3本もワインを開けてしまった。
2本目を飲み終わったのが深夜0時。
でも、勢いに乗ってしまったからもう1本飲みたい。でも、こんな夜中だし。
いいこと思い付いたお姐さん。真下のレストランでワイン1本調達してきてくれましたw

アパートだと、テーブルもあるし、お皿もあるからゆったり食事がでるのがいいところ。
ホテルだと、ベッドサイドテーブルにごちゃごちゃと食事やグラスをおいて、誰か一人はベッドの上で・・・というのが定番ですので、ダイニングテーブルがあるのは嬉しい。

c0222833_15484797.jpg


あ、たまにちゃんと朝ご飯もつくりました。
農家でいただいた産みたて卵でフリッタータ。


見切れているけど、息子のお弁当用には、ウサギ肉・トマト・チーズ・ルッコラを入れて栄養満点。
ウサギ肉も農家でいただいたローストのお土産です。

c0222833_1548484.jpg


ある日はフルーツたっぷり。

c0222833_15484715.jpg





ホテルやよそ様のお家だと椅子に座ってお行儀良くお食事ですが、お部屋では人目を気にせずたまには床に座ってお皿に指突っ込んでぐちゃぐちゃしながら食べたい息子の欲求も叶えてあげられますw


c0222833_1555381.jpg


快適アパートでしたが、そろそろチェックアウト~~。
お荷物まとめてフィレンツェへ向かいましょうか。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2015-06-02 09:40 | イタリア滞在記2015 | Comments(0)