記憶

あれから3週間ちかくがたちました。

 前回、ブログを更新したときでさえ、地震の被害の拡大、そして原発事故の悪化などが分からずにいたのだと地震から3週間たってから改めて感じました。3月中には、元通りの生活・・・とも思っていたのですが、そのあとにどんどん押し寄せてくる混乱、恐怖を想像できずにいました。
 今思うとなんて思いやりのないひどい文章で記事を載せてしまったことかと反省するばかりです。


 地震がおきてからは私もふくめ、周りの人間すべてがひどい喜怒哀楽の極限状態を行ったり来たりしていました。地震と原発事故が私たちから「日常」とそれぞれの人にとって大切なものを奪い去ってゆきました。



福島県に住んでいることをなんとも思っていませんでしたが、失ってみて初めていかに郷土を愛していたか、そして自分がここでしか生きていけないかを知りました。

私に出来ることを考えたら、大したことは出来なくて、やっぱり料理を作ることくらい。

 郡山市内で被災をして家に住めない状態になった友人が、我が家に身を寄せてくれていてここから仕事に通っている。酷いありさまになった家の片づけや次に住む場所の不安もある中で仕事に取り組む友人と、震災と原発事故後ずっとそばで私を守ってくれてくれたえなりくんの二人に温かい食事とくつろげるきれいな部屋を提供することが、今私にできる唯一のこと。それをちょっとづつ重ねていって私の日常を取り戻そう。
そんなことしかできなくてごめんなさい。
[PR]
by buonaforchetta2 | 2011-03-29 10:01 | 震災のこと | Comments(0)
<< あれから 無事です >>