万葉集にも登場するウナギ

c0222833_16010487.jpg


今日は土用の丑の日!

万葉集に

〇〇(友だちの名前)に夏バテにはウナギがいいよって教えてやった

という歌が収められてます。


万葉集というと、情緒的な恋の歌がいっぱいのロマンチックなイメージですが、こういうつぶやき系も集録されているんですね。

って、この歌詠んだのが、大伴家持。
万葉集編集した人だから、思いっきり自分の歌好きなだけぶち込み放題だな(笑)

この歌が詠み人知らずなら万葉集にも収められず、後世に伝わることもなく、現代の我々が、ウナギ食べながらまほろばの人々に想いを馳せることもなかったのでしょう。

原文忘れちゃったので、気になる人は
「おおとものやかもち ウナギ 」で検索してください(笑)

しょーもないことが、和歌風に言われるとなんだか急に格調高い雰囲気になるなぁ、という歌だった記憶です。

すっかり話はそれましたが、名古屋の鰻屋。

うな東


6月に名古屋に行った時に食べたひつまぶし。
ここの美味しかった〜!



うなぎがカリカリで香ばしかったし、ボリュームもかなりあって大満足。


ひつまぶしの発祥の店、あつた蓬莱軒は雰囲気もいいのですが、ひたすら待つ。
待ち時間長すぎ!

ここは、さっと入れてわりと早めに出てくるのもありがたい。

また食べたいなー。
と、うなぎ繋がりで投稿してみました。

さー、今日はごじてれ。
ウナギじゃなくて、別の魚介料理をご紹介予定です。
テーマは「作り続けたい定番料理」です。

16時台のごじてれ 、ぜひご覧下さい。

では行ってきます〜



[PR]
by buonaforchetta2 | 2018-07-20 12:59 | 旅行 | Comments(0)
<< アイラブキッチン レシピ ボ... 出張料理教室 2軒ハシゴ >>