ヘルシンキ〜バイキング気分でバイキング

c0222833_09435019.jpg

ショッピングが終わったら小腹がへります。
早めのお昼ごはんといきますか。

私1人だったらハカニエミマーケットでサーモンざんまいにしたと思うのだけど、旅の相棒のことも考えねばなりません。

エンタメ性を重視して、行ったお店は
船のマークの
ハラルド。

c0222833_09443552.jpg

入るなり、ちょっと物々しい。

c0222833_09443808.jpg

鹿がお出迎え。

c0222833_09435356.jpg

そう、ここはバイキング気分を味わえるレストラン。
バイキング風のヘルメットがいっぱいあります。

店員さんも中世風の衣装でした。





c0222833_15545035.jpg


前菜とスープは、船型のテーブルで、まさしくバイキング形式。



c0222833_09501920.jpg


本日のスープはキノコ。
歯ごたえのいいキノコがほっこりする味でした。

c0222833_09502282.jpg

息子は、まさかの大好物・みかんのしろっぷづkに遭遇し大はしゃぎ。
4回はおかわりしたぞ。

私は珍しそうなものを一通り。

上から時計回りに、

ジャガイモの何か(笑)
ほぐし鰊とクリームチーズの和え物
ソフト鰊のマスタード和え
じゃがいもとサーモンのサラダ。

鰊のマスタード和え、美味しかったな。

c0222833_09502595.jpg

鰊とチーズの和え物はそのまま食べるとよくわからない味なのですが、
薄焼きのライ麦パンに乗せた途端、メチャウマに変わりました。

これに白ワインがあればサイコー!
でも、やっぱりワインはアホか!!というお値段設定なので、ビールで流し込みます。

c0222833_09502912.jpg


メインはランチメニューからチョイス。
本気のフィンランド語メニューしかなかったので、
お店のお姉さんに英語で教えてもらって

ロールキャベツ

をオーダー。

想像していたスープのロールキャベツとは違い、
焼きロールキャベツでした。

ベリーのソースがフィンランドっぽい。

正直、エンタメ性重視で選んだ店だったので味は期待していなかったのだけど、この店、美味しかったです。

グランドメニューだと、トナカイ、ビーバー(?)など変わったお肉のメインもオーダーできる模様。

雰囲気もいいし、盛り付けも味も合格。

なかなかいいお店でした。



c0222833_09503380.jpg


キノコスープもロールキャベツもわしわし食べた息子。
イタリアにいた時と大違い。


「イタリアとフィンランドのごはん、どっちが美味しい?」

と尋ねると

「んー?日本がいいな。
おまあちゃん(お母さん+マナちゃんの息子の造語)のごはんが食べたいよ。」


との事。

ケンカもしたけど(笑)たっぷり2週間、旅行に付き合ってくれてありがとね。


c0222833_10060159.jpg

そうだね、そろそろ日本に、お家に帰ろうね。

ヘルシンキ中央駅に預けていた荷物をピックアップして、空港にもどります。
(空港にもスーツケース預けてあります)

[PR]
by buonaforchetta2 | 2018-12-27 09:43 | 2018年イタリア滞在記 | Comments(0)
<< 年末のご挨拶とビッグイベントのご案内 ヘルシンキスーパーはムーミン&... >>